その指先がフラれる原因!?爪の中の汚れの落とし方で身だしなみ印象アップへ

スポンサードリンク

自分の爪の中が汚くて衝撃を受けたことはありませんか?

何か作業をした時はもちろん、心当たりがない時でも

なぜだか汚れてしまっている爪

「誰も見ないからいっか。」

よくありません!

しっかり見られていますよ、あなたのその爪!

人と会った時、顔の次に注目されると言われているのが手です。

爪を見ればその人を知る手がかりになる、

といっても過言ではありません。

第一印象で「清潔感のない不潔な人」認定されてしまう、、

「違う!たまたまなんだ!」

いくら心で叫ぼうが、もはや通用しません。無念。

そんな方を救うべく落とし方の方法を探って行きましょう。

爪の間の掃除の必要性と爪の中に汚れがたまる原因

スポンサードリンク

原因はいくつかあります。まずは

手が汚れるような作業をした

土を触ったり、庭をいじったりすると汚れが入り込みやすいです。

そんなことをした覚えがない時は

古い細胞が溜まっている

人の体は新しい細胞と古い細胞が常に入れ替わっています。

その代謝が起きている分、「垢」が出やすく、

それが爪の間に溜まって汚れとなるのです。

皮脂やフケ

体や頭を掻いたりした時に、体についている汗や皮脂、

フケなどが爪の間に入り込んで汚れとなります。

こういった原因で自分でも気づかぬうちに

汚れていっているのです。

爪の汚れの取り方

では汚れを見つけて落ち込んでいる時、

どんな対処をすればいいのでしょうか?

爪ブラシを使う

爪を綺麗にする専用のブラシです。

ブラシに石鹸をつけ泡だてた後、

爪にあてて優しくこすります。

ナイロン製は硬いので、馬の毛や豚の毛など柔らかいものがオススメですよ。

参考にしたサイトを載せておきますね。

https://hokuohkurashi.com/?pid=34129444

今すぐ落としたいのであれば、歯ブラシでも代用できますよ♩

重曹

重曹には研磨効果があり、油汚れなどにも効果的。

水で伸ばした重曹を、先ほどのブラシにつけて

軽くこすります。

ただし重曹はカルシウムを溶かしてしまうので

しっかりと洗い流しましょうね。

ベビーオイル、クレンジングオイル

油性の汚れは油に溶けるといった効果を使った方法です。

綿棒にベビーオイルやクレンジングオイルをふくませ

優しく掻き出していきます。

これらの方法でも全然微動だにしない垢の時は、、

爪垢とり専用棒

名前からして完全に救世主ですね!

耳かきのような先端がスプーン状のようになっている棒です。

垢とりがめんどくさいなぁ〜

と思われた方は、普段から予防する意識を持ちましょう。

  • 手を洗う時は一本一本しっかり丁寧に洗う
  • 爪をこまめに短く切る
  • 土や油などの汚れの原因を触る時はゴム手袋をする
  • 作業をする前に、爪の間にハンドクリームを塗っておく

といった予防策もありますよ♩

まとめ

いかがでしたか?

たかが爪の垢、されど爪の垢。

爪の垢で悪い印象になってしまうともったいない!

日頃から予防・対策して、

清潔感を保てるようにしておきましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする