意外とかかる家電製品の処分費用!リサイクル料金と処分方法について

スポンサードリンク

引っ越しシーズンになり引っ越しを考え始めると、
それに伴って家電の買い替え等を検討している人もいるのではないでしょうか。

小型家電は良いですが、
大型家電には家電リサイクル法に則って
処分しなければならないものがあるので要注意です!

家電リサイクル法で
現在法に則って処分しなければならない家電は、

  • 冷蔵庫(冷凍庫)
  • エアコン
  • 洗濯機(衣類乾燥機)
  • テレビ(ブラウン管・液晶テレビ・プラズマテレビ)

の4点です。

新しい商品の性能や価格だけではなく、
上記4点の処分方法も併せて確認しておくことも必要でしょう。

家電リサイクル法でかかる料金って何!?粗大ごみとは違うの?

スポンサードリンク

家電リサイクル法とは、一般家庭等から排出された家電製品
冷蔵庫(冷凍庫)
エアコン
洗濯機(衣類乾燥機)
テレビ(ブラウン管・液晶テレビ・プラズマテレビ)
から、有用な部分や材料をリサイクルし、
廃棄物を減量し資源の有効利用を推進するための法律です。

上記で記載された、
4種類の家電は粗大ごみなどでは一切出すことができず、
法に則って処理しなければ不法投棄になってしまいます。

不要になった家電を家電リサイクル法に則って処分するには、
処分したい人がリサイクル料金と収集・運搬料金を支払う必要があります

リサイクル料金は各家電のメーカー毎、
収集・運搬料金は小売業者毎に異なります。

購入時に安い海外メーカーの商品などでは、
処分するときには日本のメーカーより高くつく場合がありますので要注意です。

平成28年4月1日時点のリサイクル料金の下限を下記に記載いたします。
収集・運搬料金は、住んでいる地域、
処分する業者によって異なりますので、
各自で調べる必要があります。

・エアコン…972円から
・テレビ ブラウン管式15型以下…1,836円から
・テレビ ブラウン管式16型以上…2,916円から
・テレビ 液晶・プラズマ15型以下…1,836円から
・テレビ 液晶・プラズマ16型以上…2,916円から
・洗濯機・衣類乾燥機…2,484円から
・冷蔵庫・冷凍庫170L以下…3,672円から
・冷蔵庫・冷凍庫171L以上…4,644円から

安心!家電を処分する具体的な方法はこれ!

不要になった家電を処分するにはどうしたらよいか気になりますよね?
具体的にあげられる例は3つあります。

  • 1.買い替えの場合は、家電を新しく購入する小売店に収集を依頼する
  • 2.処分だけしたいという方は、購入した先の小売店に依頼する。購入先が不明という方や、購入した地域が遠い場合は、住んでいる自治体に確認し、指定場所に持ち込むか自治体と提携している業者に回収に来てもらう
  • 3.リサイクルショップ等に売って処分する

それぞれの処分方法を具体的に説明していきます。

1.買い替えの場合は、家電を新しく購入する小売店に収集を依頼する

家電を買い替える場合は、
新しい家電の購入先に収集義務があるので、
購入先に引き取りをお願いします。

リサイクル料金はメーカー等によって異なるため、
商品の支払いとは別に、現地確認をしてから現場で徴収することが多いです。

また、購入する時期によっては指定した機種の下取り料金等で、
新しく購入する商品の料金からリサイクル料金分値引きをしている小売業者もあるので、
購入時処分時には確認しておいたほうが良いでしょう。

新しく購入した商品のお届け先と、
不要になって処分したい商品の引き取り先が違うと
出張料金が取られる場合もあるので確認が必要となります。

2.処分だけしたい

という方は、購入した先の小売店に依頼する。

購入先が不明という方や購入した地域が遠い場合は、
住んでいる自治体に確認し、
指定場所に持ち込むか、自治体と提携している業者に回収に来てもらう。

出張料金はとられることは多いですが、
指定した日時に引き取りに来ていただけることが多いです。

3.リサイクルショップ等に売って処分する

処分するのにお金をかけたくないという人はこれができれば一番良いでしょう。

ほとんどの場合製造されてから5年以内であれば買取できる場合もあるようですが、
状態によって売れないことも多いです。

リサイクル料金と同じ金額を請求してくる業者もあるようですので、
何件も見積依頼をして…ということも少なくはないです。

まとめ

無料廃品回収等の言葉に騙されて、
知らない間に違法行為に加担しないよう気をつけて処分を行ってください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする