育児の不安はみんな一緒!自信がないことは悪いことじゃない!

スポンサードリンク

育児の中で不安だ・怖いと思うこと、ママは誰もが経験しています!!

育児を不安だと思うことは

新米ママにとって誰しもあることだと思います。

私もまだまだ新米ママですが、

新生児の頃は不安だらけでした。

そして、これからも色々な不安や怖いと思うことがあると思います。

はじめての育児には不安がつきもの!!

はじめての育児が始まると、

ちょっとしたことで不安になりました。

また、周りのママも同じでした。

周りと違うところがあると…

例えば、よく寝る子だとすると

周りの子に比べて寝すぎではないか、

周りの子は1人遊びして起きている時間があるのに、

おっぱいを10分ずつ飲ませるというが5分も飲まないなど、

他の子と比べて少しでも違うことがあると、

うちの子は変なのではないか、

どこか体調が悪いのではないかと心配してしまうものです。

少しでも熱が高かったり、機嫌が悪かったりすることにも

とても敏感になり、怖くなってしまいます。

それぞれの子の違いも認めて

毎日子どもと24時間いることの多い月齢の低いうちは

上のようにちょっとしたことで不安になったり、

怖くなったりしてしまいがちですが、

段々とそれも個性なのだと認められるような余裕が出てきます。

あまり寝ない、よく寝る。あまり泣かない、よく泣く。

おっぱいを吸う時間が短い、1日中でもおっぱいを吸っている。

全て、その子その子の個性なのです。

あまり寝なかったり、よく泣くとお母さんは大変です。

でも、これもこの子の特徴なのだと

ドンと構えて付き合うしかないのだと思います。

不安な気持ちは誰でも当たり前

育児をしていて、初めてのことばかりで

わからない事があるのも、不安になるのも、怖くなるのも

当たり前の気持ちなのです。

一生懸命子育てしようと努力しているからこそ、

悩んだり不安になったりするのです。


スポンサードリンク

助けてくれる人を

だから、そんな時は周りで相談できる人を見つける事が

大切だと思います。

1番は自分のお母さん。自分を育ててくれたお母さん。

お母さんとしての大先輩なので、

何でも気がねなく聞けると思います。

その他にも、助産師さんや保健師さん、

周りのママ友など、心配な事は聞いてみるといいです。

助けてくれる人は周りにたくさんいます。

新生児期は男の人が怖がるケースが多い!!

父親が不安がるのはまず抱っこ

まず、うちの旦那や義父、祖父といった

男の人が怖がったのは抱っこでした。

まだ産まれたばかりや新生児期は

首がすわっていないどころか首がぐにゃぐにゃで安定しません。

段々と筋が通ってくるので、

首がすわらなくてもしっかりはしてきますが、

それでも抱っこは怖いようです。

お母さんや、おばあちゃんといった女の人は

今まで子育てをする上で

たくさんの抱っこを経験してきたでしょう。

なので、産まれた時からとても安定して上手に抱っこをしてくれました。

私が旦那に求めたこと

抱っこを怖がる様子をみて、

また私が抱っこや授乳で腱鞘炎になりかけたこともあり、

旦那には子どもをたくさん抱っこしてほしい

とお願いしました。

もちろん、はじめは抱っこが不安で、とても怖がっていました。

そしてうちの旦那ははやく3歳くらいにならんかな?

というのが口癖でした。

しかし、お世話を一緒にしてもらうことを徹底したところ

早く喋らんかな、早くハイハイしやんかな、

早く寝返りしやんかな、早く首がすわらんかな、

と段々と旦那の求めている赤ちゃん像が低月齢になってきたのです。

これを聞いて、私はしめたものだと思いました。

お世話をしてもらうことで、

不安や怖さがだんだんと少なくなってきたのだと思います。

無理を承知で教えるつもりで

一緒に子育てしていくことが大切だと感じました。

不安や怖さはあって当然

1人の子を、こんな小さくて壊れてしまいそうな命を

大きく成長させるのが親の役目です。

周りと比べることで不安になったり、

初めての子育てが不安、怖いと感じることは

ごく自然な感情だと思います。

そう思っているあなたは一生懸命に子育てをしている証拠です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする