引越し挨拶の粗品はどこで買う?アパートで暮らすための最初のマナーとは?

スポンサードリンク

家族で新しいアパートに引越しをしたとき、みなさんは

ご近所のおうちへ引越しの挨拶をしに行ったことはありますか?

“引越しそば”という言葉がありますが、

これは「ソバに引っ越してきました。」などと

お近づきの印としてご近所に配るお蕎麦のことです。

なんと江戸時代からある習わしのようですが、

最近では、あまりお蕎麦を配る習慣はないですね。

今回はそんな引越しの挨拶について、お話します。

住人が不在時は手紙だけでいいのか?例文などについてはこちら

引越しの粗品はどこで買えるもの?品物にはのしを付けるべき?

引越しの挨拶と共に配るものといえば、

あなたはどんなものを思い浮かべますか?

初めて会う人への第一印象はとても大事なので、

あまり好みの分かれるような品物よりは、

シンプルでみんなが好むような品物や、

たくさんあっても困らない品物が喜ばれるかと思います。

あまりに高価なものを配ってはこの先お互い気を遣いますので、

価格はそこまで高くない方が良いかと思います。

だいたい300円~1000円くらいの品物を選ぶ人が多いです。

例えば、誰もが好きな王道のお菓子や、

何枚あっても困らないタオル、洗剤等を選ぶ人は多いですね。

そして引越しの挨拶は隣人との初めてのコンタクトなので、

やはり箱や包装紙に包まれているものが良いでしょう。

百貨店デパートなどではもちろん、

イオンイトーヨーカドーでも購入できますよ。

最近ではネットで購入もできますので、

引越し準備や荷解きで忙しい場合は

活用してみるのもいいですね。

さらに、買った品物に“のし”を付けた方がいいのかどうか、

ということも悩みどころですよね。

一般的に引越し挨拶の粗品には

必ずしものしを付けなければいけない、

というマナーはありません

ですが粗品といっても贈り物なので、

リボンなどでラッピングした位がいいでしょう。

もちろん、のしを付けてはいけない、

等という決まりも一切ありません。

引越し挨拶でもきちんとした印象を受けるので、

そうしたい方は是非つけて贈ると好印象です。

付けるのしの種類などはお店の方に

相談すると教えてくれますよ。

アパートで引越しの挨拶をするべき範囲はどこまで?

アパート内で引越しの挨拶をする際、ご近所といっても

どの範囲まで挨拶をするべきなのでしょうか?

引っ越した先のアパートの造りにもよりますが、

まずは両隣りの2軒は必須でしょう。

家の出入りのタイミングなどで顔を合わせたり、

自治体で回覧板を回すこともあるでしょう。

隣にどんな人が住んでいるか、

なども防犯上知っておきたいですよね。

それから、出来れば真上のお宅、真下のお宅にも

挨拶ができるといいですね。

これらは、小さなお子様がいる家族は

足音やおもちゃの音などで

ご迷惑をかけてしまうこともありますし、

楽器の演奏などすることがある場合も

音で迷惑をかけてしまうこともある為です。

引越し挨拶の時に、ひと言伝えておきましょう。

もし挨拶が出来ずにあまりにうるさくしてしまうと、

ご近所トラブルとなってしまうケースもありますので、

充分に気をつけてくださいね。

アパートやマンションなど集合住宅の場合は、

大家さんや管理人さんもいるかと思います。

毎日のように朝の挨拶をしてくれる人もいるので、

もしかしたらアパートで一番よく

顔を合わせるようになるかもしれません。

大家さんがそのアパートに住んでいたり管理人室がある場合は、

そちらにも引越しの挨拶をしておきましょう

まとめ

いかがでしたか?

最近ではご近所同士のトラブルや事件なども耳にするので、

引越し挨拶もしない、という方も少なくないと思います。

ですが、引越しの挨拶をすることで相手がどんな人なのか、

我が家はこんな家庭です、と少しでも伝えることで嫌なトラブルは

回避できるかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする