花火を楽しんだ後は安全に処分する方法で確実に!火事の危険を避けよう!

スポンサードリンク

キャンプで楽しんだ後の夜に、

花火を購入している方も多いのではないでしょうか。

最近では、公園で花火をしてはならないや、

家の庭で花火をしていると

近所から苦情を言われる等の理由から、

なかなか、花火も出来ない状態になっていますよね。

また、マンション等に住んでいるとどうしても、

花火をする機会を逸してしまう事も多いです。

花火を放置して火事になってしまった事例もあるので

安全のためにしっかり後始末が必要です。

公園で花火をするための注意点についてはこちら

使い終わった後にそのまま捨てるのは危険!爆発の危険性があります

スポンサードリンク

手持ち花火の捨て方を

正しく知っている方は何人いるのでしょう。

確実に花火が点火し終わっているから

再引火しないなんて思っていたなんて

安易に考えてはいけません。

使用後の花火には残存火薬が存在しています。

点火が終わったからと言っても

全ての火薬が燃え尽きているとは

いいきれないのです。

花火のパッケージを

見てもらうとわかりますが、

終わった花火を覗きこまないって

書かれていますよね。

これは、残存火薬があるから

火が付きますよ~と警告している訳です。

花火が終わっても覗きこまない

そのままゴミに捨ててもいけない

言う理由なのです。

花火セットのほかに用意するものはバケツ。しっかりと水に濡らしましょう

花火を準備した荷物の中に、

小さくても良いですから

バケツを1つ持って行くことがベストな選択です。

先ほども紹介したとおり、点火した花火は、

再引火して爆発する危険性をはらんでいます。

当然ながら火を消すにはです。

ここで、持ってきたバケツが役に立つわけです。

点火し終わった花火を確実に

バケツに入った水に

しっかり浸けて入れておくだけ大丈夫です。

ただ、タバコの火のようにちょっと濡らしただけでは、

花火の火薬は湿り気を帯びないので、

確実に水に付けることが条件になります。

打ち上げ花火的な物も終了したら

確実にバケツの中に入れましょう。

当日は花火を入れたバケツは

そのままの状態にしておき確実に火薬を湿らせます。

これで後は片付けるだけなのですが、

ゴミ袋に入れるのですが、

どうしても水気を含んでいるので、

ごみ袋の中も水で満たされてします。

それだと、持ち帰る時に重くて大変ですよね。

そんな時には、最初につまようじなどで

数カ所穴をあけてバケツに

ゴミ袋をセットして水を入れます

後はそこに花火を入れておくだけです。

捨てる時に、バケツからごみ袋を取りだすと

中に貯まった水は穴から漏れ出して

最後は花火だけが残ります。

そうすれば簡単にゴミとして処分する事も出来ますよね。

まとめ

花火をする時のモラルが低くなっている

と言う事で、海岸での花火を禁止している

所も多いようです。

手持ち花火とはいえ、確実に火薬が

使われているのですから、

危険と言う認識を持つ事が大事です。

保護者は子供たちに、

モラルやルールを教えるチャンスでもありますからね。

しっかり教えてあげてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする