夏を楽しむ!ビーチサンダルを履いていて痛くなる前の対処方法2選

スポンサードリンク

夏になるとビーチサンダル等の

足元が涼しい履物に履き替えて行きます。

新しく購入したビーチサンダルは

実に硬い物が多いですよね。

それをいきなり素足で履いてしまうと、

どうしても足の親指と人差し指の間や

足の甲の部分が摩擦で擦れて

痛くなってしまう事が多くなります。

特に履きなれていない靴や

新しい靴等で起こる靴擦れと

同じ現象がビーチサンダルでも

起きてしまうのです。

それも、普段靴ではありえない

指の間や足の甲が摩擦で

すりむけてしまう訳ですから、

かなり痛み伴います。

雑菌などが

傷口から入り込んでしまう危険性も。

そうならない為にも、

ビーチサンダルを履いた時に

摩擦で痛くならないように対策を

講じなければなりません。

摩擦で痛くなる前にボディクリームで予防

スポンサードリンク
摩擦係数を下げるには滑らせる事が一番です。

ボディクリームなどで十分です。

一度塗っただけでは効果が

上がらないでしょうから、

出掛ける前に足に塗るだけでなく、

気になりだしたらまた塗る事を繰り返しましょう。

摩擦による指の間の痛みを気にすることなく

快適にビーチサンダルを履く事ができるようになります。

トングの部分をカバーするグッズを買って対策をしよう

ビーチサンダルで足の痛みを引きだす部分の多くは、

いわゆる鼻緒の部分に当たります。

この部分に力が集中する事で

指がこすれ、

結果的には痛い思いをするようになります。

また、ビーチサンダルが

足のサイズにあっていない場合や

ミュールなどでは足のつま先方向に

重心が掛かってしまう場合もあります。

ボディクリームだけでは不安という方は

こんなものもありますのでお試しあれ。

足の痛み対策グッズ

指楽歩

https://item.rakuten.co.jp/gita-r/4971651506820/?l2-id=pdt_shoplist_title#10015138

価格648円

鼻緒の部分に取り付ける事で

指の間の痛みを軽減してくれる物になります。

柔らかい素材でできていて、

指の間に完全にフィットするので、

擦れて痛くなる事はありません。

これも万全とはいかないようですが、

付けていないよりかは、はるかに楽です。

バンドエイド

ちょっと傷になったかなと思ったら

これもおすすめです。↓

BAND-AIDマメ・靴擦れブロック スモールサイズ

https://item.rakuten.co.jp/hc7/4901730027373/

価格481円

トング用のカバーと比較した場合には、

足の違和感はかなり軽減されると思います。

自分の足に貼るので、

足をしっかりと保護する事が可能にもなります。

ただ、問題は毎日ビーチサンダルを履く場合には、

毎日貼り替えなければならない点です。

どうしてもというときの

緊急用にするのがおすすめです。

サンダルのトングに慣れるまでの間は

通常のバンドエイドを使用して

痛みの軽減を図りましょう。

はがれやすいときや

ちょうどいいサイズが見つからないときは、

大き目のバンドエイドを好きな形にカットして、

薬局などで売っている防水シートを

バンドエイドより大きく切って

貼ると長持ちしますよ。

まとめ

ビーチサンダルとなると、

気分は夏ですから、海やプールなどにも行きますからね。

痛い思いをするまえに、

事前に予防して夏を楽しみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする