引っ越し費用を抑えたい!相場と安くするためのテクニック

スポンサードリンク

引っ越しを控えた人が、新居選びと同じくらい悩むのが
「引っ越し業者の選び方」ですよね。

新生活では何かと出費がかさむので、少しでも安く済ませたい…
その気持ち、とてもよくわかります。

私も、今までの人生で6回の引っ越しを経験してきましたが、
初めのころは、そのたびに多大な金額がかかってしまい
まさに“引っ越し貧乏”といった状態でした…。

そこで、今回はそんな私がこれまでの経験から学んだ
「引っ越し費用を安く抑える方法」をお教えします。

引っ越しで必要な費用の相場は?

スポンサードリンク
引っ越しにかかる、費用の相場は、
単身かそうではないか”と“移動距離”によって変わります。

ここでは、「単身の場合」「2人暮らしの場合」「3~4人家族の場合」
に分けてご説明をいたします。

単身の場合

単身での引っ越しの場合に、同一市区町村内(15km)程度の
近距離であれば2万~3万円程度が費用の相場です。

同都道府県内(50km)でも、
3万円程度で抑えられることもありますが、
同一地方程度(200km)近く離れた場所だと、
4万円近くかかってしまうこともあります。

また、荷物の量が多い場合には、この相場プラス1~2万円
上乗せして考えてください。

2人暮らしの場合

2人暮らしの荷物量の場合、同一市区町村内でも
5万円以上はかかると考えた方がよいでしょう。

同都道府県内の場合、55000円程度、
同一地方内であれば、7万円台が相場です。

500km以上離れた場所であれば、
10万円以上かかってしまうこともあります。

3~4人家族の場合

3人家族の場合は同一市区町村内でも
5~6万円程度かかるのが相場です。

同都道府県内では7~8万円、同一地方程度であれば10万円は
軽く超えるくらいの費用がかかってしまうこともあります。

500km以上離れた場所では、20万円近くかかります。

4人以上の場合は、同一市区町村内でも
6万円以内に抑えるのは難しいです。

同都道府県では10万円程度、同一地方では、
20万円を超えてしまうこともあるので、
値引き交渉などで少しでも安く収める工夫をしたいところですね。

引越しするのに安い時期はいつぐらい?


引越し業者の価格は、時期によって大きく変動します。

引越し業者にもオフシーズンがあるのです。

オスシーズンは、どこの業者も通常価格より
格段に安い価格を設定していますので、
時期に縛りのない引っ越しの場合は
オフシーズンを狙うのが賢いでしょう。

引っ越し業者のオフシーズンは、ずばり“6月”です。

6月は1年の中で最も料金の安いシーズンとなっております。

祝日が一日もない月のため、まとまった休みが取りづらく、
また、天候も不安定で、雨が多いのが理由と言われています。

業者も閑散期なので、日程や費用の融通が比較的効きやすいです。

また、日本には昔から、縁起を重んじる風習があるため、
仏滅”の日の引っ越しは避ける人も多いです。

そのため、仏滅の日は引っ越し料金を下げている業者もありますので、
特に六曜は気にしないという方であれば、
仏滅の日を狙うのもよいでしょう。

反対に“大安”の日は人気があるため、料金も高くなっていることが
ありますので、よく調べておきましょう。

「○月に引っ越しをしなければいけない」
などという縛りがある場合には
平日に引っ越しをすることで、費用を抑えることができます。

引越しは基本的に日中に行いますので、一般的な会社員などは、
仕事が休みである土日に引っ越しをする人が多いです。

そのため、引っ越し業者は平日に空いていることが多く、
料金も安く設定されている可能性があります。

平日休みの仕事をしている人や、有給休暇が取得できる人は、
平日の引っ越しをおすすめいたします。

最後に


いかがでしたでしょうか?
ここまで、一般的な引っ越し業者の価格について
説明をしてきましたが、
引越し業者に依頼をして引っ越しをする際に最も大切なのは
必ず“複数の業者”から見積もりを取ることです。
引越しの見積金額は、業者ごとに差が出るものです。
ときには、2倍以上の差が出ることも・・・!

後から「あっちの業者の方が安かった・・・」
なんてことにならないように、
多少手間はかかりますが、かならず複数の業者から
同じ条件で見積もりを取り、比較するようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする