仏壇の処分で魂抜きは必要?古い仏壇を処分するときの正しい手順は?

スポンサードリンク

引越しや実家の片づけで

仏壇を処分するという難事にあたる

人もいますよね。

罰当たりな感じがして

そのまま粗大ゴミになんてとてもできません。

どうやら

「仏壇を処分する場合は魂抜きが必要である」

とか聞いたことがあるんですが、

実際問題さっぱりです。

そこで仏壇の処分の仕方と

仏壇の処分にかかる費用をまとめてみました。

古い仏壇の処分の仕方。魂抜きの意味とどこでやってもらえるか

仏壇を家に入れる時には

  • 魂入れ(たましいいれ)
  • お性根入れ(おしょうねいれ)
  • 開眼供養(かいげんくよう)

などと呼ばれる儀式が行われます

そして仏壇を処分する時には、

  • 魂抜き(たましいぬき)
  • お性根抜き(おしょうねぬき)
  • 閉眼供養(へいがんくよう)

という儀式をしてもらう必要があります。

魂抜きなどを行うことによって、

故人の魂を納める仏壇の役目を

終えさせる意味を持っています。

魂抜きをしないで仏壇を処分するといことは、

故人の魂ごと捨てることになってしまうのです。

法要をしてもらうことによって、

仏壇は「普通の木の入れ物(箱)」

に戻るのでその後処分するのが常道です。

どこでやってもらえるか?

魂抜き、お性根抜きは、

お付き合いのある寺院にお願いすれば

やってもらえます。

現在、

お寺さんとお付き合いがないという場合は、

ご供養仕舞い専門業者

あるいは

お坊さん手配・紹介サイト

などを利用して

やってもらえるところを探す方法があります。

位牌・遺影・木製の仏像・脇侍軸(掛軸)なども

一緒にお焚きあげをしてもらってください。

その魂抜きが済んだあとは、

住んでいる地域の自治体のルールにしたがって、

分別して廃棄処分します。

引越しで仏壇を処分するときにかかる費用はどれくらい?

仏壇の魂抜きの費用

供養していただくわけですから、

お布施」となります。

こちらについては決まった金額はありません。

ですから、

できる限りの気持ちで

「お布施」を用意すれば良いということになります。

それでも参考になる金額を知りたくなりますよね。

相場とされる金額を調べてみたところ、

魂抜き・お性根抜きのお布施は、

10,000~50,000円で考えれば良いようです。

迷うなら、

真ん中を取りましょう。

お布施 30,000円

お車代 5,000円

くらいでいかがでしょうか。

このほかに粗大ゴミの処理料金がかかります。

住んでいる地域の自治体によって異なりますが、

数千円程度で処分することができます。

細かく分解すれば、

燃えるゴミとして扱ってもらえる自治体もあります。

その場合は、

役所の公式サイトなどで確認してください。

ネットから業者に魂抜きを依頼する場合は

もう1つの方法として

先ほどお話に出した

「ご供養仕舞い専門業者」

「お坊さん手配・紹介サイト」

の料金設定も調べてみました。

魂抜き(ご供養)と廃棄処分まで含む金額

仏壇と、仏像・掛軸計3点まで含める金額

のようになっていて、

仏壇の大きさで金額が変わる設定になっていました。

(1)高さ70cm以内、幅40cm以内

25,000円

(2)高さ140cm以内、60cm以内

35,000円

これを目安にして、

「ご供養仕舞い専門業者」

「お坊さん手配・紹介サイト」を比べてみてください。

お位牌

ご遺影

お仏像

過去帳

などは、1点ずつ別費用になるようです。

仏具は発送することになるので、

送料は別になるのか、

送料込みなのか、

あるいは、

ご供養仕舞い専門業者なら引きとりに来てもらえるのか?

そのあたりはサービス体系によって変わります。

よく確認して依頼してくださいね。

まとめ

仏壇はお坊さんに魂抜きの供養をしてもらってから、

住んでいる地域の自治体のルールにしたがって、

分別して廃棄処分することになります。

魂抜きの費用は、

お布施 30,000円

お車代 5,000円

を目安にしてください。

粗大ゴミとしての費用は、

住んでいる地域の自治体に確認しましょう。

企業のサービスを利用するなら、

すべてをお任せできますが、その分

少し費用は上乗せになるかと思われますので、

よく検討が必要ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする