お風呂掃除の水垢はこれですっきり!エコなピカピカのお掃除術とは?

スポンサードリンク

毎日の疲れを癒してくれるお風呂ですが、

汚れているとくつろげませんよね。

ピカピカのお風呂でリラックスタイムを過ごすには、

お風呂掃除は欠かせません。

だけど、お風呂の水垢って頑固でなかなか落ちませんよね。

いったい、どうしたらいいんでしょうか?

お風呂の浴槽の水垢はどうやって落とす?

スポンサードリンク
お風呂の水垢を落とすのに大活躍してくれるのは、

ズバリ、クエン酸です。

水垢は、名前のとおり水による汚れなんですよね。

水には、カルシウムなどのミネラルが含まれています。

水分は蒸発しますが、ミネラルは蒸発しません。

そのため、水垢として残ってしまうんです。

水垢はアルカリ性の汚れなので、

酸性のものを使えば汚れを落とすことができます。

だから、酸性のクエン酸が大活躍してくれるんですよ。

水100mlあたり小さじ1のクエン酸を溶かした

クエン酸水を作りましょう。

それをスプレーボトルに入れたら、

水垢が気になる場所にスプレーします。

クエン酸水が蒸発しないように、

ラップで覆ったら2~3時間ほど放置してください。

放置したあとは、

スポンジで磨いて終わりです。

もし履かないジーンズがあるなら、

スポンジの代わりにジーンズを使うといいでしょう。

ジーンズの硬さが、

浴槽を磨くのに最適なんです。

お風呂の椅子や洗面器などの水垢も綺麗にしたいなら、

浴槽を使ったつけ置きがオススメですよ。

お風呂が終わったら、

湯船の中にクエン酸を1カップ溶かします。

そしたら、椅子や洗面器などを入れてください。

一晩放置し、スポンジで汚れを落としたら

洗い流して終わりです。

クエン酸を使った水垢の落とし方を紹介しましたが、

普段のお掃除はお風呂用の中性洗剤で十分ですよ。

水垢汚れが気になりだしたら、この方法でお掃除してください。

クエン酸を使ったお掃除方法を紹介しましたが、

酸性なら汚れを落とせるので

お酢でも代用できます。

水と1対1の割合で混ぜて、

クエン酸のときと同じようにお掃除してください。

お酢なら何でもいいというわけではなく、

米酢や調味酢はお掃除に向きません。

穀物酢やホワイトビネガーを使ってください。

浴室内の鏡や蛇口をぴかぴかにする方法は?

浴室内の鏡や蛇口をぴかぴかにするのにも、

クエン酸が大活躍です。

浴槽のお掃除のときと同じように、

クエン酸水を用意しましょう。

蛇口はそのままスプレーしても流れちゃうので、

キッチンタオルでグルグル巻きにしてください。

その上からスプレーし、ラップで覆ったら

2~3時間放置して磨きます。

鏡も流れ落ちやすいので、

スプレーしたあとにキッチンタオルを

貼り付けましょう。

あとは、浴槽のお掃除のときと

同じです。

鏡の水垢は頑固なので、

半日~1日ぐらい放置した方がいいかもしれません。

お風呂場の中でもが一番、

水垢がつきやすい場所なんですよ。

それは、鏡の成分が関係しています。

先ほどもお話しましたが、

水垢の原因はミネラルです。

そのミネラルには、カルシウム以外にも

マグネシウム、ケイ素などの成分が含まれています。

このケイ素が厄介なんですよ。

なんと、ケイ素は鏡にも含まれているんです。

同じ物質なので、

時間が経てば経つほど結合し

こびりつきやすくなるんですよ。

鏡や蛇口をつねにぴかぴかに保ちたいなら、

水分を残さないことが大事です。

お風呂が終わったら、

鏡などに付いた水滴はきちんと拭き取るようにしましょう。

まとめ

お風呂掃除って、

けっこう面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

だけど、毎日お掃除すれば

汚れがこびりつかないので楽にお掃除できます。

浴室が暖まっているうちの方が汚れは落としやすいので、

最後にお風呂を使った人が洗うようにするといいですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする