鏡餅って二段と三段どちらが正しいの?お正月の定番といえば?

スポンサードリンク

鏡餅は、神様捧げるものとして、飾る餅のことですが、

食べ盛りにとっては、鏡開きの時に割ったお餅を

楽しみにしている人も多いでしょう。

鏡餅には二段と三段の物があるのですが、どちらが、本当は正しいのか知っていますか?

鏡餅の二段の意味とは?

スポンサードリンク
鏡餅の二段には何か意味があるのか?と言う疑問を持つ人もいるかもしれませんが、

たいていの方は、毎年の事だから何の疑問も持たない方が圧倒的多数になるでしょう。

そもそも鏡餅は神様や仏様に奉げる物であって、

神様と人間をつなぐ食べ物と言う事になるのです。

あれが?と思う方もいるでしょうが、鏡餅は昔の鏡に似ている事から、

その名が付けられています。鏡は昔は「三種の神器」のうちの

1つとされ宝物とされていました。

それを正月に飾る事で神様と一緒に新年を祝う、神聖な儀式の1つなのです。

日本人は、縁起を常に担ぐ事を欠かせない民族ですから、

神聖な鏡餅を1つだけでなく、2つ作って重ねる事で、更に縁起を担いでいるのです。

重ねる事に意味があるのです。この重ねるには、「幸せを重ねる」「歳を重ねる」など

福に関する事や長寿につながる事の意味合いがあるのです。

2つ重ねた鏡餅には、この様な願い事が織り込まれていると考えられています。

だから鏡餅は二段になっているんですね。

鏡餅の二段と三段は地域差にはこんな理由が!?

鏡餅が二段になっている理由はわかりましたが、

南北に長い日本ですから、文化にも当然違いが生じてきます。

鏡餅にもこの文化的な違いが生じているのです。

鏡餅が二段の地域三段の地域が存在します。

元々は鏡餅は三段と言う説があるようですが、

現在では鏡餅が二段の地域と三段の地域で分かれています。

二段の地域は北海道~中部地方までとなっており、

関西地方から西側、いわゆる西日本では

鏡餅が三段の地域が多く存在しています。

二段の鏡餅には、重ねている餅が

陰と陽を表しているからと言われており、

そこから、「幸せを重ねる」「歳を重ねる」と言う

おめでたい事とされています。

では三段目にはどんな意味があるのか?

三段目には、火やかまどに関する荒神様が

関係していると言われています。

特に西日本の瀬戸内海に面している所では、

荒神信仰と言う物があって、

荒神様を祀っている神社も相当数にも上ります。

荒神様は信仰を粗末にすると

祟り神にもなる説もあるほどですから、

現在でもその信仰を根強く受けている地域では、

火を扱う場所や台所などには

三段重ねの鏡餅を飾る風習となっているのです。

但し、荒神信仰の所説はたくさんあるので、

かなり複雑な経緯を経て昔の日本に定着したもの

と考えられています。

荒神信仰が根強い地域では、お宮参りの子どもに、

鍋で作った墨で額に印を付ける事で、荒神様の守護が

受けられると考えられる風習があります。

荒神様が守護してくれる事で、

魔よけ効果があるとされているのです。

火を扱う神様と言う事ですから、

それだけ守護力が高い神様と言う考え方が

根付いたのです。

現在でも、荒神信仰がある西日本では、

鏡餅を三段にして台所などに飾るのです。

まとめ

鏡餅の二段と三段の意味について紹介してきました。

かなり古くから鏡餅を供える風習があった

理由と言うのがわかりました。

友だちに鏡餅のウンチクをドヤ顔で話せるのではないでしょうか。

特に鏡餅が三段の話は諸説あるので、

どれが正しいのかは定かではありませんが、

その地域に定着した説がその地域では、正しい説となります。

これで、お正月を迎えるに当たって、鏡餅を飾る時には

「こんな意味があるんだ」程度でも考えながら供えてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする