部屋の暖房効率アップに窓の断熱が効果的!簡単手軽に出来る方法はこれ!

スポンサードリンク

いくら暖房器具を使っても、

なんか足元が冷や冷やするなんてことありますよね。

それは、窓から熱が逃げているのかもしれません。

どうして、窓から熱は逃げていくのでしょうか?

家にあるもので簡単に出来る

窓の断熱方法と合わせて見ていきましょう。

窓の寒さ対策をするだけで暖房効率はぐぐっと上がる

スポンサードリンク

暖房の熱が窓から逃げていく理由は、

空気の性質にあります。

熱は、高い温度から低い温度の方へ移動する性質が

あるんです。

そのため、冷たい空気が入ってくる窓の方へ

熱が行って外へ出てしまうんですよ。

窓を閉めていても、熱は外へ

逃げてしまいます。

それは、窓の作りに原因があるんですよ。

ガラスは熱を通しやすく、

窓のアルミサッシには断熱効果がありません。

だから、外へ逃げてしまうんです。

熱が外へ出ると、

かわりに冷たい空気が部屋の中に入ってきます。

なので、いくら部屋を暖めても

冷や冷やしてしまうんです。

それを防ぐには、窓を変えるしかないでしょう。

とは言っても、簡単には窓を変えられないですよね。

そこで、役立ってくれるのが

窓の断熱グッズです。

断熱シートや断熱ボードなど、

いろんな断熱グッズがあるのでそれらを使うことで

窓の断熱効果をアップさせることができます。

窓の断熱におすすめの方法

市販の断熱グッズを買ってきて断熱対策をするのもいいですが、

身近にも使えるグッズがいろいろとありますよ。

断熱シートの代わりに使えるのは、

梱包材として使われるプチプチです。

セロテープや両面テープなどを使って、

窓に貼り付けましょう。

お笑い芸人さんの家でやっていたので

見たことあるかもしれませんが、段ボールを窓に貼るのも

いいですよ。

我が家では開けることのない窓に、段ボールを貼っています。

ちなみに、段ボールがまる見えはなんか嫌なので、

カーテンを閉めて段ボールは隠しちゃっていますよ。

段ボールを窓一面に貼ると部屋が暗くなってしまうので、

夕方になって日が陰ってきたら貼るようにしてもいいし、

断熱ボードのように窓の下の部分に立てかけるだけでも

大丈夫です。

隙間テープという商品がありますが、タオルがそれの代わりになります。

古くなったタオルで大丈夫なので、サッシの部分に敷き詰めましょう。

カーテンを変えるのもおすすめです。

厚手で長い物に変えてください。

冷気は下から入ってくるので、

長いカーテンを使えば下からの冷気をシャットアウトできます。

床につくぐらいの長さがいいでしょう。

カーテンレールの上の隙間も埋めた方が断熱効果はアップします。

洗濯バサミなどを使ってカーテンの上にさらに毛布とか

かけるといいですよ。

カーテンレールを毛布で包む感じで少し折り曲げて、

挟んでください。

これも我が家でやっている断熱対策です。

旦那のお母さんがやっていて、

これはいいよっておすすめされたんですよ。

カーテンが二重になるし、

隙間から冷気が入ってきません。

カーテンリターンと言うみたいですが、

幅に余裕があるならカーテンの端っこのフックを外して

カーテンレールの端っこでカーテンを折り返すのもおすすめです。

まとめ

見た目的なものを考えると、

市販の断熱グッズを買った方がいいでしょう。

だけど、手軽に済ませたいなら

ここに書かれたことを参考にしてみてくださいね。

ワイヤーが入った窓は、断熱シートを貼ると

窓ガラスが割れる恐れがあるようです。

なので、その場合はカーテンを変えたり

断熱ボードを使うなどするといいでしょう。

窓の断熱をすればお部屋が暖かくなるのはもちろん、

光熱費の節約にもなりますよ。

それに、厄介な結露も防げます。

窓の断熱をするだけで、いろんな効果が得られるのは

嬉しいですよね。

ぜひ、窓の断熱をして今年の冬は

暖かいお部屋で過ごしくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする