困った!赤ちゃんの寝かしつけでゴロゴロ動き回るときの対処法は?

スポンサードリンク

赤ちゃんが寝かしつけの時に動き回ってしまって、

なかなかねてくれないと悩んでいるママさんは

結構いらっしゃると思います。

その子の性格やタイプによるのかもしれませんが、

寝かしつけてから寝付くまで、

ずっとゴロゴロ動き回っている赤ちゃんっているんです。

寝る場所を探しているのか、

自分の寝心地の体勢を考えているのか、

それともまだ寝たくないのかというのはわからないのですが、

動くようになった赤ちゃんは、

寝る前にゴロゴロする子は多いように感じます。

どうして赤ちゃんはゴロゴロするのか?

スポンサードリンク

寝付くまでにゴロゴロする赤ちゃんはわりと多いそうです。

寝返りをしだしてから、徐々に動き出すようになり、

大体3、4歳になるまで、寝付くまで時間がかかったり

なかなか寝ないで動き回ったりもします。

寝付くまでに、どの場所が寝やすいかというのを

見つけるためにゴロゴロ寝る場所を探しながら

動いているということも考えられます。

十分ゴロゴロ動いて、寝る場所が見つかってから、

突然寝入るというパターンが多いですね。

赤ちゃんにも寝やすい場所というのがあるみたいです。

次に寝る前に体温が上がっていて、

体温の熱さでゴロゴロ動いているという場合もあります。

赤ちゃんが寝る前に、汗がびっしょりになっている

なんてことを経験しているママさんは多いのではないでしょうか?

赤ちゃんというのは基本的にとっても汗っかきです。

寝る前というのは、体温が上がるため、

熱さでゴロゴロ動いてしまうということはあるのです。

涼しいところを求めてか、暑さによって

その暑さからの開放のためなのかはわかりませんが、

体温の関係で動き回るということがあります。

大人もそのようなことがありますよね。

暑いと涼しいところをもとめてうごくということはあります。

赤ちゃんが寝入る前にゴロゴロ動く理由の中には

こういった事も考えられるのです。

赤ちゃんのゴロゴロの対処法

すぐに寝てくれたらすごく助かるのに・・・。とは思いますが、

赤ちゃんが動くこと自体は止めることはできません。

寝ている場所の安全を確保して、

お母さんが見守ってあげるのが一番の対処法です。

快適な寝場所をもとめてゴロゴロするのは自然な現象なので、

ゴロゴロする際に周りに危険な物がないようにしてあげましょう。

ベッドで寝ている方は、

ベッドから赤ちゃんが落ちないように対策してください。

ゴロゴロした際に何か硬いものにぶつからないようにとか、

安全面を確保さえしてあげれば、

思う存分ゴロゴロさせてあげられますね。

体温との暑さでゴロゴロしている場合もありますので、

来ているパジャマや布団を厚すぎないようにして、

調節してあげてください。

この調節が難しいのですが、赤ちゃんが快適に睡眠を取ることが

できる環境にすることが大事になってきます。

我が家の息子も幼稚園に入る前まで、

この寝入る前までのゴロゴロ現象は続きました。

初めはどこまで動くんだろう?と疑問に思っていましたが、

それが毎日の日課になっていたため、

寝入るまで毎日見守っていました。

成長するにつれてこの現象もなくなり、

突然ゴロゴロもなくねるようになりました。

まとめ

赤ちゃんが寝入る前にゴロゴロする現象は

多くの赤ちゃんで見られる現象なので、

あまり心配せずに、周りから危険なものだけは取り除くようにして、

赤ちゃんが寝入るまで見守ってあげるのもいいかもしれません。

成長するにつれて徐々になくなってきます。

成長すると今度は寝相が悪いと悩みは出てくるかもしれませんが、

寝入るまでのゴロゴロは赤ちゃんの時だけのような気がします。

暖かく見守ってあげましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする