赤ちゃんの予防接種後の外出はしないほうがいい?体調の変化に注意が必要です

スポンサードリンク

赤ちゃんの予防接種。

小さいうちは本当に

沢山の種類の予防接種がありますよね。

そこで小さな赤ちゃんが予防接種を受けたあとに、

外出しても大丈夫なのでしょうか?

はじめての育児ですと

わからないことだらけですよね。

予防接種後の過ごし方についてお話していきます。

赤ちゃんの予防接種直後の病院の過ごし方

スポンサードリンク

予防接種の後の過ごし方。

接種直後というのは、

副反応も出やすいですし、

直後は特に、15分から30分は

その場にいて安静にすることを心がけましょう。

もし強い副反応が出てしまう場合というのは、

30分以内が多いといわれているので、

例え、副反応が出てしまっても

すぐに対処できれば、そこまで

大変なことにはならないのです。

そういった面からも念のため、

その場にいるようにしましょう。

副反応の種類というのは、

接種部分の腫れや、発熱

ということが考えられます。

腫れや発熱は、大体その日のうちに出て、

1日で収まることも多いのですが、

万が一のために病院に受診しましょう。

赤ちゃんの予防接種の後に外出は?公園やお友達の家は?

予防接種の後に外出するのはどうなのでしょうか?

予防接種の後は、ちょっと買い物くらいとかは大丈夫です。

しかし、赤ちゃんは

ベビーカーにのせてあげるとか、

抱っこしてあげるとか、

あまり身体を使わないように

してあげて下さい。

公園など、外で遊ぶことは

なるべくしないほうがいいと思います。

予防接種を受けたあとは、

身体をゆっくりさせるようにと

お医者さんからも言われます。

特に公園なんかにいったら、

子供は楽しくていつも以上に

身体を動かしてしまうかもしれません。

それで疲れて熱をだしてしまったら

もともこもないので、

なるべく外での遊びはするのはやめましょう

お友達の家に遊びに行くというのも

やめたほうがいいです。

予防接種を受けたあとというのは、

大人もそうですが、

体が少しだるくなったり

重くなったりするので、

お友達の家に遊びに行っても

グズグズしてしまうこともあります。

子供がグズグズしてしまうと、

お邪魔したおうちにも気を使うことになります。

お互い気をつかうようになってしまうので、

予防接種のあとはお友達のおうちには

遊びに行くのはやめたほうがよさそうですね。

予防接種後は無理のない過ごし方を

予防接種の後は、

赤ちゃんの体にも負担がかかります。

ワクチンを体に入れるということなので、

赤ちゃんの身体も多少なりとも

反応してしまうことがあるのです。

発熱や、腕の部分の腫れも起こってしまう

可能性もあるので、接種後というのは、

おとなしくおうちで、

なるべく身体をうごかさない遊びをして

すごすことが理想とされています。

赤ちゃんの体に負担のないように、

積み木遊びをしたり、

ブロック遊びをしたり、

絵本を読んだりと、

赤ちゃんとゆっくりしてすごしましょう。

無理のないようにゆったりすごしましょう。

私の場合は、息子が赤ちゃんの時は、

予防接種のあとは、

必ずブロック遊びを家でするのが

決まりになっていました。

私は心配性な部分があるので、

家で過ごす方が安心できたのです。

息子も注射のあとは、

ブロック遊びが恒例になっていて、

年齢を重ねても注射の後は

ブロック遊びをしていましたよ。

まとめ

赤ちゃんのうちは予防接種が沢山あります。

熱がでたり、体調を崩してしまうと、

接種も見送られ、先延ばしになることも

多々あります。

少しでも赤ちゃんの体調がすぐれないときは、

予防接種を見送る必要もあります。

ちゃんと接種前と接種後の赤ちゃんの体調をみて、

何かあったらすぐに病院を受診するようにしましょう。

接種後の外出は、

なるべくお買い物程度にして、

遠出だったり、公園、お友達の家は

なるべく行かないようにしましょう。

接種後は念のため

ゆったりと過ごすことをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする