赤ちゃんの肌荒れは乾燥対策が重要です!保湿で肌トラブルを防ぎましょう

スポンサードリンク

乾燥する時期になると、

肌の乾燥で悩んでしまいますよね。

特に赤ちゃんの肌というのはとっても敏感なので、

きちんと乾燥対策をしてあげる必要があります。

赤ちゃんの肌というのは薄いので、

水分を肌に保持する機能が弱いです。

なのでちゃんと乾燥対策してあげることで、

肌荒れから守ることが出来るのです。

赤ちゃんの皮膚は薄くて大人より弱い

スポンサードリンク
赤ちゃんの肌というのは、とっても薄く、

大人の半分位の厚さしかありません。

そのため、赤ちゃんの皮膚の外側をおおう、

角層も未発達なのです。

角層自体の役割は、赤ちゃんの体内から

水分自体が失われるのを防ぐという

役割をもっているのです。

が、赤ちゃんというのは、

角層自体もまだ薄くて未発達なので、

必要な水分が簡単に失われてしまって、

肌が乾燥して肌あれを起こしてしまうのです。

肌の乾燥の状態をそのままにしておくと、

肌あれをお越してしまう状態になってしまうのです。

水分を失っている赤ちゃんの肌は、

ちょっとした刺激で、

肌荒れの原因ともなってしまうのです。

そのままにしておくことで、

乾燥性乳児湿疹になってしまうこともあるので、

そうならない為にも対策をとることをおすすめします。

赤ちゃんの肌の乾燥対策には保湿が一番!

乾燥対策に一番大事になってくるのは、保湿です。

保湿をしっかりすれば、

赤ちゃんを乾燥から守ることが出来ます。

赤ちゃんの乾燥対策として例をあげるのは、

ベビーローション、ベビーオイル、

などがあげられます。

お風呂上がりにたっぷりぬってあげることで、

赤ちゃんを乾燥から守ることができます。

お風呂上がりにすぐに塗ってあげないと

どんどん水分が失われていってしまうので、

その水分が失われる前に、

保湿をしてあげることが大事になってきます。

ささっと大判のタオルで水気をふいてあげてから、

すぐに保湿材をぬってあげましょう。

これら以外にも乾燥対策を出来るものはあります。

加湿器で部屋の乾燥を防いであげる必要があります。

家が乾燥していなければ、肌の状態もよくなりますし、

ガサガサになることからも防いであげられます。

加湿器をつけておけば、肌だけではなく、

風邪の対策としても効果があります。

乾燥することで、肌だけではなく、

喉が痛くなったり、そこから風邪をひいて

しまうことも多くあるので、

部屋の加湿というのはとっても大事なんです。

加湿をすることによって、肌あれもそうですが、

風邪対策も取ることが出来ます。

うちの子の場合は

うちの息子もとっても敏感な肌だったので、

保湿はとっても大事でした。

必ずと言っていいほど、乾燥する時期には

ガサガサになってしまっていました。

毎日小児科でもらった保湿材を

体にたっぷりぬっていました。

加湿器もつけて、乾燥しないように

対策をとっていました。

保湿をしてあげることで、

やはり、肌の状態はよくなりますし、

たっぷりぬってあげると、

ガサガサにならなくなりました。

加湿器をすることもとっても効果的です。

乾燥する季節というのは

本当にすごく乾燥してしまうので、

乾燥からの体調を崩すことを防ぐことが出来ます。

また、加湿器がない家庭では、

部屋干しがとっても効果があります。

部屋干しをすることで加湿器と

同じような効果があるので、

部屋干しによって、乾燥から守ることができます。

まとめ

赤ちゃんの肌というのはとっても薄いので、

きちんと乾燥対策をとってあげる必要があります。

保湿材をぬってみたり、

部屋に加湿器をおいてみたりして、

乾燥対策をちゃんとしてあげましょう。

そうすることで、肌あれからも風邪からも

守ってあげることができます。

赤ちゃんの肌は敏感なので、

ちゃんと保湿をして乾燥対策をしてあげましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする