寒い朝に凍った水道管は破裂の危険アリ!凍結防止や対処法をご紹介!

スポンサードリンク

南国生まれ南国育ちの私は、

関東地方へ来て驚いたことがあります。

それは、冬の寒さです。

旦那から聞いてびっくりしたのですが、

寒い日が続いたり、氷点下になると水道管が凍ってしまうことも

あるようですね。

水道管が凍結すると、水道管が破裂したりと厄介です。

凍結防止にはどんな方法があるのか調べてみました。

水道管が凍ってしまわないように予防するには?

スポンサードリンク

寒い日が続いているぐらいで

水道管が凍結することはありません。

しかし、氷点下4℃になったり

氷点下以下の真冬日が続くと水道管が凍結する恐れがあります。

また、年末年始に長期間家を留守にする人もいると思いますが、

長期間水道を使わないとそれも水道管の凍結の原因となるでしょう。

水道管が凍結すると、

当然ですが水を出すことができません。

それだけならいいのですが、

水は凍ると膨張するので水道管が破裂する恐れもあります。

なので、水道管が凍らないように

きちんと対策をしないといけません。

水道管の予防策として一般的なのは、

寝る前に水を少し出しておく方法です。

水が流れている間は凍らないので、

水道管の凍結を防げるんですよ。

だけど、少なすぎると意味がないので

ポタポタぐらいではダメですよ。

何か所出しておくといいのか、

これがちょっと厄介なんですよね。

1か所でいいと言う意見と、

台所、風呂場、洗面所すべて出した方がいいという意見が

あるんです。

でも、1か所だけでは意味がないような気がするし

すべて水を出していた方が無難かもしれませんね。

ただ、水道代がかかってしまうんですよね。

それに、出しっぱなしの水がもったいないという

デメリットもあります。

でも、水道管が凍結して業者を呼ぶとなったらお金がかかるので

そのお金と比べたら安いですよ。

東北地方など寒い地域でよく行われているのは、

水抜きです。

台所や浴室、洗面所などの水を出し、元栓を占めます。

水道管の中に水があるから凍るので、

水を出してしまえば凍る心配がありません。

朝起きたら、再び元栓を緩めればまた水道は使えます。

ただ、元栓の開け閉めがちょっと

面倒に感じるかもしれません。

長期間、家を留守にする人には

この方法はおすすめですよ。

最後にもう1つ。

水道管をタオルで包んで保温する方法があります。

専用の道具も、ホームセンターなどで売られていますよ。

もしも水道管が凍結してしまったときの対処と復旧方法

水道管が凍結すると、

なんとかしなきゃって慌てちゃいますよね。

だけど、水道の蛇口をひねって水を出そうとしたり

熱いお湯を水道管にかけて溶かそうとはしないでください。

それらの行動は、

水道管破裂の恐れがあります。

軽い凍結なら、お昼頃には自然と溶けますよ。

凍結が酷い場合は、お湯を使って溶かすしかありません。

水道管にタオルを巻いて、

その上からゆっくりとお湯をかけましょう。

お湯がない場合は専門業者に頼むしかありません。

市町村指定の下水道工事業者がいるので、

そちらに頼みましょう。

連絡先は、市町村のホームページに書かれていますよ。

ホームページを見ても分からない場合は、

市役所へ電話で聞いてみてください。

アパートやマンションで水道管が凍結した場合は、

修理費は大家さんや管理会社が負担してくれます。

だけど、持ち家の場合は自己負担になるので

その点だけは覚えておいてくださいね。

水道管が破裂しても同じです。

まとめ

気象庁から低温注意報が出たときは、

水道管が凍結する恐れがあります。

なので、そのときはすぐに水道管をタオルで包むなどの

対策をしてくださいね。

最近は異常気象で、いつ大寒波が襲ってくるか分かりません。

なので、水道管が凍らないようにするための対策は

覚えておいて損はありません。

水道管が凍結したときの対処法と合わせて

覚えておくといいでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする