2歳児の子育てで最高にイライラする私がストレス軽減できた理由教えます!

スポンサードリンク

2歳前後になると、イヤイヤ期がやってきます。

噂には聞いている人も多いんじゃないでしょうか。

「赤ちゃんの時もただでさえ大変なのに、
イヤイヤ期って恐ろしすぎる!」
と私も思っていました。

私は現在2歳の娘がおり、1歳の頃から、
割としっかり意思表示する子だったので、
「これがイヤイヤ期なのかな?これくらいなら
私もイライラせずに対応できそう」
と安易に考えていました。

ところが!!本当に2歳になった途端、
これがイヤイヤ期か!!!というものがやってきました、、、。

もうどう対応していいか分からずイライラの毎日でした。

そんな2歳児との試行錯誤の毎日と、
どうやってイライラをおちつけたかをご紹介します。

イヤイヤ期はどういうもの?

スポンサードリンク
2歳ともなると、個人差はありますが、
少しずつ「自分でやりたい」と思い、着替えや、
食事など「自分で!!」とするようになってきました。
それは喜ばしいことなんですが、
なんせ時間はかかる、汚れる、、、です。

そして何より気が向かないと、
「嫌、しないの」と拒否します。

また時間がかかります、、、。

とにかく、手洗い、着替え、食事、
なにかをする時に必ず「嫌、しないの!!」
というようになりました。

1日向き合ってたら時間が足りません。

イライラが爆発しそうで、
娘は、年少の幼稚園からいれようと思っていましたが、
「それまで耐えられないかも、
ずっとこのまま2人で過ごすには
お互いによくないのでは」と思い、
とりあえず気を紛らわすために、
保育園の見学予約をしてみました。

不思議なのは、嫌と言っても、
その後「するのー」と真逆のことを言い、「
しないのー」とまた拒否します。

同じ2歳児を持つママ友に聞くと、
みんな全く一緒のようです。

イヤイヤ期のイライラをどうやって解消した?


現在娘はまだイヤイヤ期のまっただ中です!!ですが、
以前のようにイライラが爆発しそうになるほど
気持ちは追い詰められなくなりました。

もちろん、まったくイライラしないわけではありませんが。

その理由は、一つ目は、ママ友に、
まったく同じ状況の人が何人かいた
からです。

みんな、「とにかく、一度拒否し、
でもやると言ったりやらないと言ったり、
イライラする!!!」と言っていました。

自分だけではないというのは、
なにより励みになります。

気持ちを共有しあえると、
それだけでほっとしました。

もう一つは、地域の子育て支援センターの
保育士さんに相談
すると
「お母さんとの信頼関係ができてて、
順調に成長している証拠!イヤイヤ言うのは、
しっかり自分の考えが言える子に育っている証拠
だから、逆にイヤイヤ言わずに、
自分の気持ちを出さない子の方が心配よ!!
今は何でも親の言った通りのこと
しかできない大人も少なくなくなってるからね!」
と言われ、なるほどと思いました。

どこかで、自分は、子どもがこんなに
自分のいうことをイヤイヤ言ったり、
泣いて拒否したりするのは、
自分の育て方がよくなかったのではないかと思い、
そんな自分にもイライラしてしまっていたなと思いました。

保育士さんは、励ましで言ってくれたんだと思いますが
順調に育っている証拠と言われ、
すごく気持ちが軽くなり、
子どもがイヤイヤ言っても、順調なんだと、
前より冷静に見れるようになりました。

まとめ


毎日子どもと向き合い、子ども中心の生活を送っていると、
自分の中で、この子育ては正しいのか、
悩む毎日で、外に出ると、他の子がとてもお利口に見え、
ストレスに感じることもあります。

でも、話してみると、意外と、
他のママさんもイライラするようなことがあるんだ
と発見し、ほっとすることがあります。

イライラさせる我が子、順調に育ってくれている証なのですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする