赤ちゃんが1歳の祝い事には一升餅?詳しいやり方をご紹介!

スポンサードリンク

1歳のお誕生日と言えば、

子供に一升餅を背負わせて歩かせるのが

一般的ではないでしょうか。

ただの習わしだから、

みんなやっているから

と思っているかもしれませんが

その意味や理由を知っている人は

どのくらいいるでしょうか?

一升餅とはその名の通り一升(約1.8kg)の

もち米で作られたお餅を赤ちゃんに背負わせる風習です。

縁起担ぎや成長を願うために行われるもので、

地域によってお祝いの仕方が様々です。

これから迎える子供の成長を、

昔からの習わしと共に願いお祝いしましょう♪

一升餅の由来と意味は?

一升餅の一升と「一生」を掛けて

「一生食べ物に困らないように」

「これからの一生が健やかになるように」

という願いを込めて、子供の成長を祝うためにあります。

また、お餅の丸い形が

「円満な人生を送れるように」

との意味もあります。

最近では、ハート形のお餅もあるようです。

昔は1歳のお祝いを産婆さんや親戚を招いて祝っていました。

その際に子供が早く丈夫に成長するようにと

お餅をつくことが多かったようです。

そのお餅を「誕生餅」と呼んで、

神様と子供の結びつきを強めようという意味がありました。

ですが、子供が1歳前後で歩き出すのが早く、

家を離れるのが良くないと考えられていた風習もあり

子どもに一升餅を背負わせてわざと転ばせたり、

お餅を投げて歩かせないようにする地域もあります。

スポンサードリンク

背負う時はどうしたらいい?一升餅の風呂敷での包み方

昔ながらの方法で言うと、

風呂敷にお餅を包んで赤ちゃんに背負わせます。

基本的な包み方なら特別難しいものではないです。

一升餅の包み方

風呂敷を広げ、真ん中にお餅を置きます。

対角線上で合う角をしっかり結びます。

残った角をくるくると巻いて、

赤ちゃんの背中に斜めになるようにして背負わせたら

前でしっかりと結びます。

※背負わせる時に、首が締まったり お餅の重量がかからないようにしましょう。

※一升餅を買った時に打ち粉がしてある時は ラップなどで包んでから風呂敷で包みましょう。

※風呂敷は前で結ぶので余裕を持って 大き目のサイズを用意しましょう。

うちの娘は1歳の誕生日に一升餅を

注文して作ってもらいましたが

お祝いの後のことを考えてか、

小さいお餅を一升分用意してくれました♪

なので、1つ1つの小さいお餅を風呂敷ではなく

リュックに詰めて背負わせましたよ。

リュックならお出かけの時にも使え、

用途があるので無駄になりません。

背負わせるのも楽だったので、

個人的にはリュックもおススメです。

背負わせたら重くて歩けないので、

泣く子も多くそれもまた思い出になりますよね。

うちも見事に泣いていましたが、

手を繋いで親族の前まで歩いてくれました。

一升餅の食べ方に決まりはある?どうやって食べるの?

一升餅と言っても普通のお餅と変わりありません。

一升分だと食べきるのも大変だと思うので、

親族などで分けてもいいでしょう。

どうしても長期保存したいという場合は、

小分けにして冷凍することもできますよ。

冷凍保存の時にはラップで包むか、

ジップロックなどに入れておくといいでしょう。

冷凍保存の場合には約数か月~半年保存でき、

解凍しなくても冷凍の状態で調理が出来るので

非常に便利です!

小分けにする際、

「お餅が硬くて切れない!」

という事ってありますよね。

そういう時にはレンジで少しずつ温めながら、

切りやすい硬さになるまで軟らかくすると

包丁でも簡単に切れるようになります。

お餅の調理方法ってレパートリーが少ない

と思っていませんか?

「喉に詰まりそうで苦手」

という人もいるかもしれません。

お餅はおやつにも主食にもなる万能な食材です。

・やきもち

・あられ

・お雑煮

・お汁粉

・磯辺焼き

・力餅

焼餅は、ただオーブンなどで焼くだけ

なのでお手軽に作れます。

砂糖醤油などで食べると、とても美味しいですよね。

他にもちょっとひと手間加えて磯辺焼きも、

小腹が空いたときにはうってつけです。

さらに、長持ちさせたいという時には

時間はかかりますが「あられ」がおススメです。

お餅を1口サイズに細かくしたら天日干しをしておきます。

カチカチになったお餅を

油で揚げたら手作りのあられが出来ますよ。

仕上げに砂糖や塩で味付けすれば

簡単におやつができて、

加熱してあるのである程度は長持ちします。

このおかきは、大人もついつい手が出てしまって

食べ始めたら止まりません…。

おやつだけでなく、お酒のおつまみにもなるので

ちょっとお友達が来たときなんかに

出すといいかもしれませんね。

この他にもお鍋に入れたり、

うどんなどの麺類にいれてもおいしいですよね。

まとめ

子供のためのお祝いですが、

食べ物に関しては大人が調理したり食べるので

一升餅を注文する時は、

個包装になったものの方が便利かもしれません。

最近では個包装で小さいお餅を用意してくれるお店もあるので、

確認してみるといいですね!

さすがに1歳の子供にお餅は食べさせられませんが、

小腹が空いたり、おやつが無い時、

食事のメニューに困った時にも使えるので

お祝いの後も感謝の気持ちでおいしくいただきましょう♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする