いつも使っているロキソニンの副作用⁉空腹時の服用で胃痛が起きるかも!?

スポンサードリンク

痛み止めや解熱剤として、

病院で処方される事も多いロキソニン

市販薬も発売されているので、

常備薬として薬箱に入っている人もいますよね。

病院で処方されるんだから安心と思いつつも、

ロキソニンには副作用があるって聞いて

不安になっている人も

いるんじゃないでしょうか?

空腹のときに飲んでしまうと胃痛を引き起こす可能性がある

ロキソニンを空腹時に飲むと、

胃痛を引き起こすって聞いたことありませんか?

実際、YAHOOの知恵袋などでも

「空腹時にロキソニンを飲んでしまった。どうしたらいい?」

「ロキソニンを飲みたいけど、空腹時はどうしたらいい?」

などの質問を見かけます。

お薬自体、空腹時に飲むのはダメだと

言われています。

胃袋が空っぽの時にお薬を飲むと、

胃がお薬の成分にびっくりして

胃酸が大量に出てしまいます。

胃酸により、胃の粘膜が荒れて胃痛が発生します。

ロキソニンは特にお薬の成分が強いので、

空腹時に飲むと胃痛を引き起こしやすいです。

満腹時でも胃痛を起こす可能性があるので

病院で処方されるときは

胃薬も一緒に処方されることが多いです。

でも、空腹時に飲んで副作用を起こすのは

病院で処方されるロキソニンの場合がほとんど。

市販薬のロキソニンはそこまで強くはありません。

だけど、胃の弱い人や高齢の方は市販薬でも

副作用が起こってしまうかもしれません。


スポンサードリンク

服用するときに胃痛を和らげてくれる対策

痛みを止めるために飲んでいて

胃が痛くなってしまっては

お薬を飲む意味がないですよね。

空腹時を避けて飲むのが一番なので、

お菓子でもゼリーでも

食べられる物を食べるのがいいのです

痛みがひどい時って何も口にしたくありませんよね。

私も、痛みがある時とかは何も口にしたくないので

ついつい空腹のまま飲んでしまいます。

そんな時は、砕いて半分にするといいですよ。

1錠では刺激が強いなら量を減らせばいいのです。

残った半分は取っておかずに破棄してください。

封を開けたお薬は保存が出来ません。

市販のロキソニンSなら、

服用する前に牛乳を飲むといいでしょう。

本来、お薬を飲む前やお薬を飲む時に牛乳はダメです。

でも、ロキソニンSなら問題ありません。

牛乳は胃の粘膜を保護し、

空腹時を避けるという意味でも

おススメです。

牛乳が苦手な場合や

処方されたロキソニンを飲む場合は、

普段薬を飲む時よりも多めの水を飲むのもいいですよ。

これは、ロキソニンに限らず他のお薬でも

対策として使えます。

もし、空腹のまま飲んで胃痛が発生したら

コップ一杯から二杯ぐらいの多めの水を飲む

といいでしょう。

それでも痛みが引かなかったら、

胃薬を飲んでください。

胃が荒れて痛みが出ている状態なので、

胃薬を飲めば大丈夫です。

病院でも胃薬が処方されているぐらいですから

飲み合わせの心配はありません。

胃薬を飲めば痛みは引くと思いますが、

万が一痛みが治まらない場合は

病院に行ってください。

まとめ

ロキソニンの副作用についてまとめてみましたが、

参考になりましたか?

副作用と聞くと怖いと思いますが、

あくまでもこれは空腹時に飲んだ場合です。

ちゃんと何かを口にしてから飲む分にはそんなに

怖いお薬ではありませんよ。

特に、市販薬は胃に負担がかからないように

作られているので

胃が弱いとかじゃないなら気にしなくても大丈夫

だと思いますよ。

だから、安心してくださいね。

それでも不安になるなら、処方されたときに

お医者さんや薬剤師さんに納得いくまで質問する

といいかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする