初めての離乳食はいつから?時期と初期レシピについて簡潔にご説明!

スポンサードリンク

赤ちゃんがミルクから大人と同じような食事を

出来るようになるまでには

月齢や赤ちゃんのペースによって

段階を踏んでいかなければなりません。

その段階にあたるのが「離乳食」です。

離乳食と言っても、初期、中期、後期によって

離乳食の味付けや形状は違います。

今回は離乳食の「初期段階」について

詳しくご紹介します♪

離乳食はいつから?始める時期は?

離乳食は56か月から始めます。

これは、子供が食べ物をゴクンと飲み込む練習を

する時期です。

それまではミルクや母乳など、液体でしたが

離乳食になると液体よりも

ドロっとした形状になるので

自分で飲み込むために舌を動かしたり

しなければなりません。

56か月くらいになると、

大人が食べている物に興味を持つ時期があります。

それが一種の離乳食を始める目安でもあります。

離乳食を始める時、

「大人と同じように1食分用意しよう!」

と思っている方はいませんか?

初期にはそんなに必要ありません。

まずは11回、1だけをさじ1杯分だけ

あげてください。

「1さじって…それだけ?」と

思うかもしれませんが、

今まで食べたことのない物ですから

赤ちゃんが慣れるようにするのと同時に、

赤ちゃんの体も食べ物に慣れる必要があるのです。

なのでまずは1さじずつ、

赤ちゃんがもっと欲しがっても

食べさせすぎないようにしましょう。

離乳食を始めたけれど、

「食べてくれない!」

と悩んでいる方はいませんか?

口の中に入れようとすると

硬く口を閉ざしてしまう子もいると思います。

そんな時は食べさせるのではなく、

下唇に「塗る」といいですよ♪

そうすると赤ちゃんは

「口に何か付いてる!」

と違和感を持って、ペロっと舐めてくれます。

離乳食を始めて1か月ほど経ったら、

1日1回だったものを

1日2回に増やしてみましょう。

その時も、初めて食べる食材は1さじから

始めてくださいね。

1日1回の離乳食ですが、

時間帯に決まりはありません。

お母さんがゆっくり時間や気持ちの余裕が

取れる時間帯で充分です。

最初の内は、食物アレルギーなどが

気になるかもしれませんが、

そういう場合には

午前中に離乳食を与えるようにすると

いいかもしれません。

無理はせずにストレスの無いように

すすめていきましょう♪

スポンサードリンク

離乳食はなにを作ればいい?初期でダメな物は?

まず、離乳食を作る時のポイントです。

  • トロトロのポタージュのような状態にすること
  • 味付けはせず、素材の味をそのままにすること
  • 人肌くらいの温かさにすること

これが調理をするときのポイントです。

さらに、献立についてはこちらです。

  • おかゆをすり潰した物を1さじから始める
  • 慣れてきたら、野菜などを足す
  • タンパク質(白身魚や豆腐など)は1か月以上経ってからあげる

この3つです。

この各3つのポイントに気を付けながら

離乳食を作りましょう。

次に食材ですが、1回食の内はおかゆで充分です。

お粥と言っても、大人が食べるようなお粥ではなく

10倍粥をすり潰してドロドロにしたものです。

1さじなので、もちろんミルクや母乳は続けてください。

離乳食初期には消化にいい柔らかい物を与えるのが一番ですが、

お粥にしても粒が大きいといけないので、

加熱してから全てすり潰すようにしましょう。

先ほどのポイントにありましたが、

タンパク質は初期段階では食べさせない

ようにしましょう。

ミルクでも十分栄養が足りているので、

魚やたまごなども初期では与えません。

<食べさせてはいけない食材>

コーンフレーク肉類納豆キノコ類

この他に、ヨーグルトやチーズなどの乳製品は

与えてダメなわけではありませんが

積極的に摂取しなくても大丈夫です。

野菜も繊維の多い食材は消化に悪いので

避けたほうがいいと思います。

白菜などは食べても問題ありませんが、

最初は柔らかい葉の部分だけをすり潰してあげましょう。

基本的にアレルギーになりにくい食材から

与えるようにすることをおススメします。

まとめ

離乳食開始1か月は、それほど沢山の食材を与えようと思わずに

食べ物に慣れる」という感覚でいいと思います。

大人が「今日はあっさりしたものが食べたいな~」などと

思うように、赤ちゃんにも食べたい時食べたくない時の気分が

あるので、無理に食べさせようとはしないで

赤ちゃんの気分に合わせてあげましょう。

どうしても食べないときは

「今日は食べたくない気分なんだな~」

というくらいの

ゆるい心構えで問題ないです。

「6か月だから食べないと!」

と責任感を感じないでくださいね。

私の娘も、食材によっては

あまり食べない物もありましたが

大きくなると自然に食べるようになりました。

離乳食で食べなかったから、大きくなっても

食べないという訳ではありませんので

心配しないでください。

離乳食が始まり、卒乳するようになれば、

お母さんや家族との行動範囲も

ぐっと広がり楽しくなりますよ☆

マイペースに離乳食を進めて、

子供の変化を見る事が出来る時期でもあるので

焦らずにゆっくり進めていきましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする