実は40代から始まってる!?老眼鏡の度数は年齢によってどんどん変化します

スポンサードリンク

加齢とともにやってくる目の衰え。

老眼鏡を愛用している方もいらっしゃると思いますが、

だんだんと老眼が進行しちゃうんじゃないかと

不安に思っている人も多いでしょう。

そこで、老眼の度数について調べてみました。

老眼鏡の度数ってどうやって決まるのか?

老眼鏡を買いに行くと、

+1.00、+1.50などの度数が書かれているのは

ご存知でしょうか?

老眼の度数は、数字が大きくなるほど

度数が強くなります。

近眼は遠くのものが見えにくいのに対し、

老眼は近くの物が見えにくくなります。

その為、老眼鏡の度数を決めるときは

自分が見たい距離と文字の大きさが大事

なってくるでしょう。

例えば、本を読むときと裁縫をするときでは

度数が変わってきます。

初めて老眼鏡を買うときは、

度数の弱いものから使って様子をみるといいでしょう。

しかし、左右の老眼の度数は同じとは限りません。

乱視や近眼がある人もいますよね。

なので、できれば眼科へ行って

老眼の検査をしてもらうのがオススメですよ。

検査方法は、大きな文字から小さな文字まで

書かれた表を手に持って、

距離や文字の大きさ、見え方などを調べます。

近眼や乱視がある場合は、

そちらの検査をしてから老眼の検査をするようです。


スポンサードリンク

年代別の老眼の度数の目安とは?老眼は進行する⁉

 

老眼が始まるのは40歳過ぎぐらいから

と言われています。

老化と共に、目にある水晶体の調節能力が衰えていくのが

老眼です。

その為、老眼が進行していくのは当然のことなんですよ。

 

60~65歳位までは老眼の進行は早いですが、

それを過ぎると落ち着いてくるでしょう。

70歳になれば老眼の進行は止まるみたいですよ。

でも、個人差もあるので

すべての人に当てはまるとは限りません。

老眼鏡を使うと老眼の進行が早くなると

思う人もいますが、その逆です。

老眼鏡を使わずに無理している方が

老眼の進行を早めるでしょう。

次に、年代別の老眼の度数を見ていこうと思います。

+1.0→40~45歳

+1.5→45~50歳

+2.0→50~55歳

+2.5→55~60歳

+3.0→60~65歳

+3.5→65~70歳

+4.0→70歳から

+4.5→75歳から

以上が、年代別に見た老眼の度数です。

あくまでも目安なので、

すべての人が当てはまるわけではありません。

老眼鏡を買うときの注意点

「老眼かな?」と思ったとき、

100円ショップに売られている老眼鏡を買う人も

多いと思います。

お試しとして使うには何の問題もありません。

しかし、日常的に使うとなると

100円ショップの老眼鏡はダメです。

先ほども話したように、

老眼は個人差があるし、

左右の度数が違う場合もあります。

その為、100円ショップの老眼鏡が

すべての人に合うとは限りません。

 

合わない老眼鏡を使うのは、

老眼の進行を早めます。

度数が合っていても、

100円ショップの老眼鏡のフレームは作りが雑なので

「かけていて疲れる」という難点もあるでしょう。

寝室に置いておいて寝る前に使うなど、

ちょっとした時間に使う分には問題ありません。

きちんと眼鏡店で老眼鏡を作っても、

老眼は進行するのでその点も注意が必要です。

合わなくなってきたと思ったら、

必ず作り変えるようにしましょう。

まとめ

老眼鏡の度数について調べてみましたが、

いかがでしょうか?

老眼と聞くと、

「自分が歳をとったみたいで何だかイヤ」ですよね。

それに、どんどん進行しちゃうんじゃないかって

不安にもなるでしょう。

しかし、老眼は加齢とともになるものだし、

進行するのも仕方ないことです。

「老眼じゃない」と無理していると、

ますます老眼はひどくなります。

ぜひ、自分に合う老眼鏡を見つけて

使うようにしましょう。

それから、老眼で眼科に行くのはためらうかもしれませんが、

自分に合う老眼鏡を作るためにも

ちゃんと眼科で検査をしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする