離乳食は保存できる!作りだめの冷凍保存で楽しちゃったママの本音

スポンサードリンク

離乳食というのは、

1回に食べる量がとても少ないですよね。

まだ1歳にも満たない子供ですから

食べる量が少ないのは当然ですが、

1回分だけを毎日、毎回作るのはなかなか大変ですよね。

加熱した食材をすり潰したりするので手間はかかります。

それが、家事や育児の合間にするのなら

なおさら大変ですから、

出来る事ならまとめて作って保存したいところです。

その「保存」が実は出来るんです!!

離乳食の保存の仕方などを詳しくご紹介しますね♪

離乳食は1回分ずつ冷凍保存!

実は、離乳食というのは水分が多いため、

常温や冷蔵で保存するのは向いていません。

保存する時は冷凍保存が基本になります。

十分に加熱して調理したものを冷凍保存します。

すり潰しや調理に手間のかかるお粥も

冷凍しておけば手間も省けるので、

お母さんの家事が楽になりますよ。

離乳食の初期は1度に食べる量がとても少ないので、

まとめて作ったら1回分ずつの小分けにして

冷凍保存しておくと一定期間の保存が可能になります。

解凍する時は電子レンジやフライパンなどで

温めるだけなので時間短縮にもなります。

お腹が空いて赤ちゃんが愚図っていると、

お母さんも離乳食作りをするのに焦ってしまいますよね。

そういう時にも、冷凍保存しておけば

解凍している間に子供を抱くこともでき、

たった数分で赤ちゃんは離乳食を食べる事が出来るので、

子供にも大人にもメリットはあります。

冷凍保存する時は、

調理した後に粗熱を取って冷ましてから

小分けにして冷凍してください

冷凍する時はこんな容器がおすすめです!

保存する時には1回分の小分けにしますが、

離乳食1回分というのは少量です。

そこで便利なのが製氷皿です。

私も過去に使っていましたが

製氷皿の大きさが離乳食1回分に丁度いいんです♪

製氷皿にたっぷりと入れなくても、

その子に合わせて1回の量を調整することができ、

水分の多いスープやお粥も

簡単に小分けにすることが出来ます!

製氷皿で凍った離乳食は、

ジップロックなどに入れて

密閉した状態で保存してください。

冷凍する時は、傷んだり、味が劣化しないように

蓋をすることをおススメします。

保存したら、日付や何の離乳食なのかを書いておくと

さらに便利です。

1~2週間を目途に使い切ったほうがいいでしょう。

冷凍保存した離乳食を解凍する時のポイントとしては

室温での解凍は避けたほうがいいでしょう。

室温で解凍すると、雑菌が繁殖する可能性が高くなるので、

短時間で解凍できる電子レンジがおススメです。

また、1度解凍したものは再冷凍しないでください。

再冷凍の前に雑菌が繁殖している可能性もあり、

雑菌は冷凍しても死滅しません。

赤ちゃんが食中毒などにならないためにも

再冷凍はやめましょう。


スポンサードリンク

離乳食の冷凍容器はぷちプラ百均がおススメ

先ほど、「冷凍保存には製氷皿がおススメですよ~」と

お話しましたが

離乳食初期で、

「普通の製氷器じゃ大きすぎる」

という事もあるかもしれません。

そんな時は、安くて便利な100均を覗いてみてください。

「こんな小さいのがあるの!?」

とびっくりするほど小さい

賽の目のような製氷器も売っています。

1つの製氷器で何種類も一気に保存できるので、

冷凍庫も場所を取らず、主婦にも嬉しいですよね。

続いておススメな冷凍保存グッズはシリコンカップです。

離乳食が進むと1回の量が増えてきます。

量が増えると製氷器ではちょっと足りないかもしれませんが、

シリコンカップならサイズも何種類かあり、

そのまま冷凍して、シリコンカップのまま解凍もできるので

洗い物が増えなくて便利です。

お弁当の常備菜を冷凍保存したりもできるので、

離乳食が終わった後も使い続けることが可能なため、

一生使えて無駄がありません。

冷凍保存のグッズではないですが、

解凍する時に活躍するのがシリコンラップです。

サランラップだと1度きりしか使えなかったり、

もったいないと感じる事はありませんか?

このシリコンラップなら、

何度でも洗って使う事ができるので経済的ですよ♪

電子レンジ以外でも、食材の保存用として蓋にしたり

滑り止めなどにも活用できる優れものです。

これも、冷凍保存というよりは

解凍の時に便利なグッズになりますが、

100均で販売している蓋付きのプレートです。

仕切りが付いていて3つに区切られています。

蓋付きなので、温める時もラップいらず。

離乳食だけでなくても、

子供が残した食事の保存、温め直しにも便利なグッズですね。

私個人として、便利だったグッズはいろいろありますが

中でもシリコンの製氷器はとても便利でした!

1回分に小分けして冷凍できるのはもちろんですが、

冷凍してからジップロックにまとめる時、

普通のプラスチック製氷器だと

上手く取り出せないことってありませんか?

それがシリコン製なら、

冷凍してあっても自由自在に形を変えるので、

裏返して押し出せばスポンと取り出すことができ、

忙しい中でのイライラも解消されました!

シリコン製氷器は少々お高いと感じるかもしれませんが、

通常の製氷器としてはもちろん、

使用できる温度の幅が広いこともあり、

お菓子作りにも使えるので用途がいろいろあります。

子供が小さい時は離乳食

使わなくなったら製氷お菓子作りにと

我が家でも役立っています。

まとめ

家事や育児の中で、

どうしても手間暇がかかってしまう離乳食は、

やっぱりまとめて作って小分け保存が

便利になります。

お母さんの手間を省けば、

子供もお母さんもイライラすることなく生活できるし、

ちょっと子供を預けてお出かけする時も

「これをレンジで温めてね~」

とお父さんに頼んでおけば

お母さんは気兼ねなくお出かけすることも

できます。

便利な保存グッズを使って、

お母さんも家族も楽しい毎日を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする