年中無休の主婦は効率重視!家事の時間を節約するには?

スポンサードリンク

普段から育児や家事で忙しい主婦は

決まった休日はありません。

もちろんお給料もないし、

「1日8時間家事をすれば終わり」

ということもありません。

主婦というのは【一番のブラック企業】

かもしれませんね(笑)

でも、なぜそんな中でも

主婦業をこなしていけるのかというと

何と言っても

「家族のため」

 

なんですよね。

そんな家族の為に毎日頑張る主婦は、

いかに効率的に家事をするかが

いつもの課題になるのではないでしょうか?

なので、家事を効率的にこなすためのコツと、

私の疑問でもある他の主婦の方々の時間に重点を置いて

お話したいと思います。

平均的な家事の時間は?

皆さんのご家庭では

主に誰が家事をしているでしょうか?

大半のご家庭では女性が家事をしている

ということが多いと思います。

男性と女性の家事をする時間を平均してみると

女性:約2時間半 

男性:約15分(1日あたり)

このように圧倒的に女性のほうが

家事をしている時間が長いです。

そんな1日の2時間以上を家事に当てている

女性を助けるのが現代の技術力です!

お掃除ロボットや食洗器、

洗濯機にしても予約機能があったり、

今は主流となった全自動洗濯機も、

昔は二層式洗濯機で洗濯物を

入れ替える作業が必要でした。

しかし、このような技術の進歩をもってしても

家事の平均時間はほとんど変わりません。

なぜ家事の平均時間はほぼ変わらないのか。

その理由は主婦なら誰でも感じる

家族との関わりにありました。

主婦の9割以上は【家事の時短】を望んでいますが、

家族に炊事や掃除などの

評価をきちんとしてほしい

という気持ちもあるようです。

確かに、いつもきれいな家の中が

1日だけなんだか汚れが見えたり、

食事がお惣菜だったりしたら…どうでしょう?

「あれ?いつもより手抜きかな?」

と思ったことってありませんか?

主婦はその「手抜きかな?」と

思われる事を恐れています。

毎日休みなく、自分の予定よりも家族を優先する主婦は

「家にいるのに手抜きなの?」

と思われる事が一番苦手で、腹が立ちます!

家にいる=暇という考えは間違っている

と声を大にして言いたいです。

私も産後、仕事を始めるまでの約1年は

専業主婦をしていました。

初めての育児と家事で寝不足になるし、

子供を構いながらの家事は想像以上に難しく、

家族の帰宅時間に合わせてご飯を作ったりするのも

途中で子供が泣けばそちらを構い…と、

とてもじゃないけど無理です!

そんな状況の中で

「車もあって、3食昼寝付きの主婦なんて男より楽でしょ」

となんとも心無い一言をいただいて大爆発しました。

この様に、

「子供が大きいから」「家にいるから」という理由で

「主婦は暇だ。時間がたくさんある」

と思わないでください!

主婦だって毎日休みなしで、

家族のために無償で働いているんですよ~。

主婦は時間との勝負

家事というと、掃除、洗濯、食事の準備などがありますが、

その家事にかかる時間は様々ですよね。

日本人の主婦は平均で

14時間以上も家事をしているのです。

それに比べ、アメリカや中国では

半分以下の約2時間弱です。

この差の理由ってなんでしょう?

それは日本人の生真面目な性格なども

影響しているかもしれません。

日本では

「女性は家を守り、男性は外で稼ぐ」

という生活スタイルが多くみられます。

現代になり、女性の社会進出や

主夫」という言葉が浸透したように、

男性が家事をする機会やご家庭も増えてきていますが、

まだまだ多くはありません。

日本と他国を比較すると、

1日3回以上料理をするという人は、

アメリカだと日本の半分ほどしかいないそうです。

「普通は1日3食だから、1日3回は料理するのでは?」

と思いますが、やはりその国の風潮などもあるのか、

必ずしもそうとは言い切れないんですね。

日本人は少し真面目過ぎるのかもしれません。

こういった調査結果を見ると

「あ、少しは楽してもいいんだな~」と感じます。


スポンサードリンク

効率的な家事には方法がある

いくら手を抜いてもいいと言われても

なかなか「手抜き」が出来なかったり、

どうしたらいいのか分からなかったりする人も

多いはずです。

家事の時間を少しでも減らしたい、

自分の時間を作りたいと考えるなら、

効率的な家事の方法を考えなければいけません。

そのために、まずは家事の優先順位を決めましょう。

もちろん、この優先順位は日によって

変わる事もあるでしょう。

洗濯、食事、掃除など

やる事はたくさんあるかもしれませんが

今日やらなければいけない家事はどれでしょうか?

よく考えると「今日じゃなくても大丈夫」

という事も出てくると思います。

無理なスケジュールは組まずに、

後日出来ることはまとめて後日へ、

今日しなければならない

家事だけをピックアップして、

その中で家事の順番を決めてから

取り掛かってみましょう。

もう1つは、自分の家事が

どのくらい時間がかかっているのか

調べてみましょう。

どれだけ時短のコツを調べても、

自分の生活リズムや物理的な理由で

実行できなければ逆にストレスになってしまいます。

自分の生活リズムの中で、

【家事全体にどのくらい時間がかかるのか】

【1つ1つの家事はそれぞれ

どのくらいの時間が必要なのか】

を把握する事で、1日に

ゆとりをもって出来る家事の組み合わせ

を考えましょう。

そして最後に、隙間時間を上手く使う事です。

例えば、「出かけるまであと3分ある!」

という時皆さんは何をしますか?

私は出かける前に、

自分の身支度と荷物を玄関に置いて、

玄関の片づけをします。

靴を収納して、玄関のゴミを掃いて、

ついでにゴミ捨ても~としていると

あっという間に3分経ちます。

「常に動いてせわしない」

と思う方もいるかもしれませんが、

これが私なりの時短方法なんです。

人それぞれに向き不向きがあるので、

自分に合った時短方法じゃないと

ストレスを感じて続ける事ができなくなります。

そうならない為に、

自分が出来る範囲の方法を見つけて

実行していくのがポイントです。

まとめ

主婦のみなさんは、毎日ご家族のために

忙しい日々を過ごしておられるでしょう。

たまには家族の手を借りたり、

何か1つでも楽しみや息抜き出来る時間を作って

上手くリフレッシュしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする