赤ちゃんはお風呂が嫌い!?泣いちゃう子供はどうしたらいいの?

スポンサードリンク

子育てが始まると、最初の内は

全て子供にペースを合わせるという方が多いと思います。

その中でも「ベストなタイミングはいつなの?」と迷うのが

お風呂ではないでしょうか?

育児中や過去に育児の経験がある方に聞くと

家庭それぞれで時間帯は異なります。

午前中に済ませるという方もいれば

大人と同じ時間帯だったり、みなさん様々です。

もちろん、子供の機嫌などもいろいろあると思いますが

苦労するのはお風呂の時に子供が泣いてしまうことですよね。

洗っている時に泣いて、バタバタと動き回ってしまうと

洗う大人も落ち着かないし、慌ててしまいますよね。

子供とゆっくり落ち着いてお風呂に入るためには

ちょっとコツが必要かもしれませんね。

お風呂になると、毎日グズグズする

お風呂になると子供が泣いてしまうという経験は

多くの親御さんがしています。

ではなぜ、泣いてしまうのでしょうか??

泣く原因が分かれば、対処の仕方が分かりますよね。

嫌な事があった

お風呂で嫌な思いをすると、子供にとってはお風呂=嫌なこと

というようにインプットされてしまいます。

お風呂で足を滑らせて、痛かった

溺れそうになって怖かった

シャワーが顔にかかって嫌だった

というように、お風呂に入ると

また嫌な事や痛い思い、怖い思いをすると思っていると

お風呂に入れようと思っても泣いてしまい

大人もどうにもできないという事があります。

一種のトラウマということですね。

シャワーが嫌

頭からお湯を掛けられると、

息も苦しくなるし、目に入れば痛いですよね。

湯船に浸かるだけなら問題ないけど、頭を洗おうと思ったら…

という場合には、シャワーが嫌ということかもしれません。

めんどくさい

これは大人でもありますよね。

お風呂に入るのめんどくさいな~。明日の朝にしようかな

というように、子供でも面倒くさいということがあります。

普段はお風呂を嫌がらないのに、という場合は

そういう理由の可能性もあります。

やりたいことがある

お風呂に入るタイミングで、

子供が何をしているか気にしたことはありますか?

遊んでいたり、テレビを見ていたり

お風呂よりも楽しくて優先したいことがあれば

子供泣いて拒否をすることもあるでしょう。

お風呂のたびに泣いてしまう子は、何かしらの理由があるはずです。

トラウマなのか、他の事がしたいのか

理由は本人にしか分からない場合もありますが

我が家では「お母さんが○○(洗い物、洗濯など)終わったら、お風呂だよ」と

声をかけるようにしています。

それか「もう少しでお風呂だから、着替えの準備をしてね」と声をかけます。

どちらの声かけも、子供が「もう少しでお風呂だ」と

心構えが出来るようになることがポイントです。

シャワーやお風呂に入る事自体が嫌いという子は

嫌がらないように、怖くないように

対策をしたり方法を変えたりすることも必要ですね。


スポンサードリンク

お風呂遊びで子供もご機嫌!

嫌がるお風呂も、大人の知恵次第では子供が喜ぶ遊び場に変わります。

私も小さい頃に親とお風呂に入って

頭を洗いながら、シャンプーで泡立った頭を

ヘアセットしながら奇抜な髪型を作ってみたり

角を作ってみたりして楽しく遊んだものです。

今ではわが子とお風呂に入る時には

服を脱ぐところから、遊びがスタートしています。

着替えは必ず競争!どっちが早く服を脱げるか、

お風呂上りなら早くパジャマを着られるかを

子供と競いながらすることで

子供は早く服を着脱してくれるし、親としてはとても楽です。

うちの子は、顔に水やお湯がかかるのを嫌がります。

水でバシャバシャ遊んでいる時に、顔にかかる程度ならいいのですが

シャワーなどでざばーっとかかるのは、息が苦しいので嫌がります。

そんな時は、タオルで顔を覆って好きな歌を歌わせたり

保育園であった出来事などを聞いて、

出来るだけシャワーに意識が向かないようにしながら頭を洗っていました。

今でも顔にかかるのは嫌がりますが、

上を向かせれば顔にかからないからとシャワーも嫌がらなくなりましたよ。

まとめ

大人からすれば大したことはなくても、

子供にはトラウマになってしまったり

嫌いになる大きな原因になってしまう事があります。

お風呂に入る時にグズグズされると、大人も参ってしまうし

毎日のお風呂の時間が憂鬱になってしまっては、大変ですよね。

少しでもお風呂の時間が、親子でのふれあいや、楽しい時間になるよう

自分に合う方法を探してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする