朝起きたら鼻血!?たびたび出る赤ちゃんの鼻血の原因と対処法は?

スポンサードリンク

気づいたら、子供が鼻血を流していた!

こんな経験はありませんか??

どこかにぶつけたわけでも、

転んでしまったわけでもないのに

寝起きに鼻血を出すという子は、少なくありません。

うちの子もなぜか寝起きで、鼻血を出す事が割とあります。

この原因とはなんなのでしょうか?

増してや、歩くこともしない赤ちゃんなら

鼻血が出る原因というのは、

なかなか見当たらないですよね。

赤ちゃんが鼻血を出す原因とは

どこにあるのでしょうか??

赤ちゃんが鼻血を出す原因は?

何もしていないのに、赤ちゃんが鼻血をだしていたら

誰でもびっくりしてしまいますよね。

わが子が怪我をした、熱を出したなど

些細な変化がとても心配になるのに

原因も分からず鼻血を出していれば、驚いてしまいます。

赤ちゃんが鼻血を出す原因というのは、

鼻の中を傷つけてしまう

というのが主な原因です。

鼻の穴の付近には、血管が集まった

「キーゼルバッハ部位」というのがあります。

そこを傷つけてしまうと、鼻血が出るのです。

例えば、鼻づまりが酷いから吸引器で吸ってあげたり

赤ちゃんが自分で、間違って指を入れてしまったりして

傷つけてしまうことがあるのです。

鼻の中に直接触れなくても、

赤ちゃんは鼻の粘膜が弱いので

大人よりも各段に鼻血が出やすいのですが

鼻がムズムズして、擦るようなことをしただけでも

鼻血が出る事があります。

うちの子の場合は、眠くなったり寝起きには

鼻をゴシゴシと擦る癖があります。

花粉の時期は鼻炎でくしゃみをしたり、

鼻をかむことが多いので

鼻の粘膜が弱っているところに、

ゴシゴシと擦る行為がプラスされると

鼻血が出てしまうというパターンが多いです。

新生児や1歳ほどになっても、

鼻の粘膜はそれほど強くないので

鼻の掃除と言って綿棒で少し刺激しただけでも

鼻の粘膜を傷つけて、鼻血が出る事があります。

他にも、赤ちゃんが泣くと鼻血が出る場合もあります。

それは泣くことで血圧が急に上がり、

鼻の血管が切れてしまって

鼻血が出ることがあります。

その時はまず泣き止ませてから、対処しましょう。


スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻血が出たらどうすればいい?

では、もし出てしまったらどうすればいいのでしょうか?

<対処法>

まず、鼻血が出てしまった時は

慌てずに落ち着いてください。

最初にするのは「圧迫止血」です。

鼻血が出ているほうの小鼻を押さえて、

圧迫してあげるのです。

よく、鼻血が流れ落ちないようにと

上を向かせる人もいますが

これは鼻血が喉のほうに、

流れ込んでしまう恐れがあるので

上ではなく下を向くか、頭の位置を少し高めにして

圧迫していると5分前後で鼻血は止まります。

<注意点>

体温が上がると鼻血が出やすくなるのは、

お分かりかと思います。

体温があがると、血管が拡張しやすくなり、

鼻血も出やすくなるので

鼻血が出た後の激しい運動やお風呂は控えて

少し様子を見てからにしてください。

鼻血がしっかり止まったのを確認することが必要です。

もし、お風呂で鼻血が出た時には

すぐに上がって圧迫止血をしてあげましょう。

子供の場合、お風呂だけでなく夏場の気温でも

体温が上がるため鼻血の出やすい季節になるので、

気を付けてあげてくださいね。

<対策>

原因に沿って対策をするのがベストかと思います。

赤ちゃんによっては乾燥が原因で

鼻血を出す事もあります。

最近は「ドライノーズ」で

悩まされる方も増えてきたようです。

エアコンや暖房が原因で乾燥してしまい、

鼻の粘膜まで乾燥することがあります。

粘膜まで乾燥してしまうと、ヒリヒリと痛むこともあり

乾燥した粘膜は傷つきやすい状態なので、

普通よりも鼻血が出やすい状態なのです。

 

部屋の中の温度や湿度に気を付けることで

赤ちゃんが鼻血を出さないための、対策になるのです。

鼻の粘膜が傷ついたりすることで、鼻血が出てしまうのですが

普通の鼻血なら長くても10分程度で止まります

◎止血処置をしても、30分以上止まらない

◎頭を強く打って、鼻血が出た

◎鼻血の量が多い

◎短期間で何度も鼻血を出す

こういった様子がある時には、

一度病院を受診したほうがいいかもしれません。

赤ちゃんの鼻血が止まらないなどの症状は、

血液の病気の可能性もあります。

こう言うとみなさんが、

不安になってしまうかもしれませんが

鼻血だけでなく「発熱」「顔色」などの様子も見てください

症状が鼻血だけということは少なく、

熱が続いたり、酷い貧血状態や

顔色が悪いなども症状も一緒に出るので、

焦らずに判断してくださいね。

まとめ

小さいうちは鼻血が出やすいので、焦らず対処してあげてください。

いつもポケットティッシュを持っていると

突然の鼻血にも対応できるので

余裕を持って多めに準備しておくといいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする