チビ怪獣がやってきた!子育て2歳のイヤイヤ期の対応パターンとは?

スポンサードリンク

可愛い可愛いわが子でも、

イライラしてしまう事ってありますよね。

それは、自分の気分や精神面の問題

だったりもしますが、

出来る事なら子供のすることに

いちいち怒ることはしたくない

と思うのではないでしょうか?

私も、子供が2歳の頃は

怒らない環境を作る事に必死だったり、

怒ることに疲れて、

子供が寝てから静かに黙々と

片づけをする日々でした。

可愛いのはもちろんだけど、

わが子相手だと

どうにも心が狭くなってしまう

時期がありました。

そんな時の対処や、

自分の心持ちを一緒に考えてみましょう♪

ついに2歳!魔のイヤイヤ期到来!

「なんでもイヤと言う」

「自分でやりたがる」

というのが2歳児の特徴かもしれません。

イヤイヤ期というのは、

私からすると

「親を怒らせるための時期!」

だと思っています。

親は何をしたら怒るのか、

どこまでやると怒るのかを

子供に試されているのかもしれませんね。

しかし、親としては

時間通りに物事が進まなかったり、

出かける前の段階で「イヤイヤ」とされると

全てのやる気がそがれて

ぐったりしてしまいます。

そもそも、なぜイヤイヤ期というのが

来るのでしょうか?

2歳というのは、

ちょうど「自我」が芽生えてくる時期

でもあります。

先ほども言ったように

「なんでも自分でやりたがる」

という時期で、

親が予定通りにいかないと

イライラしてしまうように、

子供も自分の思い通りにいかないと

イライラした気持ちを前面に出して

「イヤイヤ!」

となるのです。

これも一種の子供の成長です。

この時期の対処の仕方によって、

子供の成長にも大きく影響する

言われています。

出来るだけ

「仕方ない」という気持ち

過ごしてみましょう。

どこの家庭にもそういう時期はあるので

「なんでうちの子は…」

と思わないでくださいね。

子育て中はどうしても

周りの事が見えにくくなってしまいます。

「自分の時間がない」

「私ばかり大変」

という気持ちも出てくるでしょう。

わかりますよ~。

私もそうして主人に八つ当たりしたことは

たくさんあります。

お弁当に文句を付けられたので、

腹が立ってお弁当の中身を白飯と生卵

にしてやったこともあります。

散らかった部屋を見て、

「ついでに模様替えでもしようかしら…。」

と考えながら子供の行動をただ見守っている

だけの日もありましたよ。

私の場合は少々過剰かもしれませんが、

誰でも子育て中に

イライラしてしまう事ってあるんです。

なので「自分だけ」と思わず、

「みんな同じなんだな~」

と共感を持って過ごせるといいですね。

スポンサードリンク

言う事を聞かない困ったちゃん!

言う事を聞かないという悩みは

保育園のお母さん同士の中でも

良く耳にします。

でもこれって、どの年代になっても

子育てをしていれば出てくる悩みですよね。

うちの子は4歳になる今も、

何度言っても

「ん~?」

「なに~?」

と聞こえているのに聞こえないフリを

するのでイライラします(笑)

ただ、子供に言う事を聞いてもらうには

コツがあるんです。

このコツは保育園の先生から

教えてもらいました。

我が家の

NGパターン

OKパターン

でご紹介しますね。

【NGパターン】

 

私「ご飯だから片付けして!」

娘「ん~。」

私「片づけないとテレビ消すよ!」

娘「・・・(無視)」

私「ブチッ(無言でテレビを消す)」

娘「ダメー!!!(大泣き)」

というのがいつもの我が家のパターンでした。

ですがこれを、こう変えます。

【OKパターン①】

私「ご飯だから片付けして~」

娘「ん~。」

ここまでは先ほどと同じですが、

ここからがポイントです。

私「お母さん忙しいし、

準備手伝ってほしいんだよね」

娘「いいよ!」

私「じゃあ先に片づけしようか?」

娘「わかった!」

このように、

「自分が大変だ」

と言う事を素直に子供に伝えるだけ

子供は

「お母さんが大変だから

手伝ってあげよう!」

と気持ちが切り替わるのです。

2歳以降になると、大人の真似をしたり、

お手伝いをするのが楽しくなるので

「お手伝い」というワードを出すと

案外すんなりと言う事を

聞いてくれるんですよね。

朝の準備も同様です。

「ゴミを捨てに行くから手伝ってほしい、

でもその前にご飯たべようね」

というと、子供の頭の中では

「ゴミ捨てに行きたいから、

 急いでご飯たべなきゃ!」

と思うのです。

子供の良心を逆手に取るようですが、

イライラして朝から怒鳴り散らすより

よっぽどストレスにならないのでいいですよ。

もう1つはこんなパターンです。

【OKパターン②】

私「まだ遊びたかったの?」

娘「うん」

私「じゃあ、ご飯どうする?」

娘「食べる…」

私「食べるなら、

片づけないとダメじゃないかな?」

娘「うん」

私「片づけて、

ご飯食べたらまた遊ぼうか!」

娘「うん!」

という流れです。

ここでのポイントは

「子供の気持ちを1度受け入れる」

ということです。

このパターンの場合は

「遊びたい」という子供の気持ちです。

このやり取りの中で

子供が納得するような理由と

「うん」という肯定の言葉が出るように

大人がうまく誘導してあげると、

子供はすんなりと

「片づけしよう」

という気持ちに切り替えてくれます。

どちらのパターンでも、

子供が片づけを出来たら

必ず褒めてあげることです。

大げさなくらいに抱きしめたり、

抱っこしたりして

「片づけしてくれて嬉しいよ~!」

という気持ちを

子供に伝えてあげるのです。

逆にやってはいけないのは

「感情任せに怒る」

ことです。

ダメという理由を

子供なりに理解した上で行動に移すので、

理由のわからないまま

「怒られるから…」

と行動すると

子供なりに恐怖を覚えてしまいます。

そうならない為には、

子供の納得する理由と

出来たら褒めるのが

とても大事なことになります。

言う事を聞かないからと言って、

力任せに怒るのは逆効果になるので

気を付けましょう。

たしかに、怒鳴ったり、

怒って子供に言う事を聞かせるというのは

親からすると楽ですよね。

ただ自分の感情をあらわにして、

大きな声を出せば親の思い通りになるなら

みんなそうするでしょう。

ただ、いくら小さい子相手でも

子供の「自尊心」というのもあります。

思い出してください。

自分が子供の頃に頭ごなしに

怒られた事ってありませんか?

その時どんな気持ちを持ちましたか?

いい気持ちではなかったので

はないでしょうか?

同じ気持ちを子供にさせないためにも、

1度子供と同じ目線や立場になってから

子供と話してみてください。

まとめ


子育てする上で悩みがあったり、

大変な気持ちがあるのは

みんな同じ事です。

「同じ気持ちを持った人もたくさんいるんだ」

と一息ついてから

子供と向き合ってみてくださいね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする