ママに朗報!赤ちゃんと外出の時の暑さ対策は保冷剤が便利だよ

スポンサードリンク

夏場、赤ちゃんとの外出はとっても大変ですよね。

近年の暑さというのは一昔前の暑さとは違い、

体調面の心配が必要なほどの暑さになります。

その暑さによって熱中症になってしまったり、

体調が悪くなってしまうと大変ですよね。

赤ちゃんとの暑さ対策として、

とってもいいのが保冷剤です。

その保冷剤を使用しての暑さ対策をお話していきます。

赤ちゃんの暑さ対策は保冷剤で

夏になり、とっても暑い時は

外出をさけたいくらいですが、

外出する際には、保冷剤がとっても役に立ちます。

ベビーカーでの外出

ベビーカーというのは

コンクリートから近い位置になるので、

コンクリートの照り返しから、

とっても暑く感じてしまうのです。

いくら、空からの日差しを

ベビーカーのバイザーで防いでも、

下からの照り返しで、

熱中症になってしまう恐れがあります。

そういった暑さを和らげる効果としても、

冷凍庫に入れておいた保冷剤を、

ベビーカーの赤ちゃんが座る背中の部分に入れてあげたり、

首の部分を保冷剤で冷やしてあげるだけでも

暑さから守ることが出来ます。

また、今では、ベビーカーに付ける用の保冷剤も

販売されています。

抱っこひも

抱っこひもでの移動の時は、

ママさんが抱っこしているので、

コンクリートからは離れている位置になりますが、

ママさんと密着している分、暑さはあります。

人との密着によって、

暑さがこもってしまう時もあるのです。

そういう時にも保冷剤で冷やしてあげると、

暑さから解放させてあげられます。

抱っこひもによっては

背中の部分にポケットがついているものが多いです。

そのポケットに保冷剤を入れてあげるだけで、

背中の部分から冷やすことが出来るので、

暑さ対策になります。

うちでは、真夏に外出する際には必ず、

ちょっとした外出でも保冷剤を持ち歩いていました。

最近の暑さは赤ちゃんにとっても

体がしんどくなる暑さだと思ったのと、

熱中症が一番怖かったので、

すぐに冷やすことが出来るようにと思ったからです。

ベビーカーやチャイルドシートには

背中の部分にタオルでくるんだ保冷剤をしいていました。

また、抱っこでも抱っこひもの背中の部分に保冷剤を入れて、

何かあった時の為にバッグにも保冷剤を入れておきました。

特に熱中症になったときはなかったのですが、

すごく暑い日にはちょこちょこ脇の下を

冷やしてあげたりしていました。


スポンサードリンク

具合が悪くなった際も

真夏は、暑さから、

急に具合が悪くなってしまうこともあります。

赤ちゃんは急にぐったりしてしまったりしますし、

熱中症になってしまうと

進行するスピードも大人より早く、

早い対処が必要になってきます。

そういったことが起きた時に、

念のためもっていた保冷剤が役に立つのです。

赤ちゃんの様子がおかしいなと感じたら、

首の後ろや脇の下、太もものあたりを冷やすことで、

暑さから上がってしまった体温を下げることが出来ます。

保冷剤を長時間皮膚につけておくのも

注意が必要なので、

保冷剤をあてる際には、

必ずタオルでくるむようにして、

ずっと皮膚にあてておくことはやめましょう。

ずっと皮膚にあててしまうと

やけどのような症状がでてしまうことがあります。

赤ちゃんの皮膚はとっても薄く敏感なので、

ちょっとした刺激で、炎症が起きてしまいます。

そういったことからさけるためにも

タオルでくるんで持ち歩きましょう。

まとめ

真夏の暑さというのは、

大人も調子が悪くなってしまいますよね。

子供、赤ちゃんなんてもっと体調を崩しやすいです。

小さい体の赤ちゃんを守ってあげるためにも、

暑さ対策の一つとして、

保冷剤をタオルでくるんで、持ち歩くようにしましょう。

保冷剤は安く購入できますし、

何か購入した際にももらえることもあります。

すぐ手に入りやすいので、家においておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする