育児うつになっていませんか?チェックをしてみましょう!

スポンサードリンク

子育てをしているお母さんは、
毎日の育児に悩んだり
イライラしたりと
色々な感情の中、
日々頑張って子育てを
されていることでしょう。

子どものためを思い叱っていることが
子どもにはなかなか伝わりません。
ただ、怖いママで終わってしまうことも
多々あると思います。

実は“うつ”は
近年問題視されているのです!!

子育てうつ


近年、小さいお子さんを育てられている
お母さんの子育てうつが問題
となっています。

実際、私も出産後の退院指導で
マタニティブルーや
産後うつについての指導がありました。

自分自身も、

何故かわからないけれど涙が出てくる、
子育てとはこんなにしんどいものか

と思った経験があります。

そして、多くの
初めて子育てをされるお母さんが
同じような経験をされているのでは
ないでしょうか。

その様子をみて周りの人も、
「少し疲れているんだな」
「今だけだから大丈夫」
だと思うでしょうが、
その見方が軽視しているといいます。

その兆候を放っておくと
症状が重くなったり、
子どもへの虐待になったりと
取り返しのつかないことになってから
「うつ」だと気づくケースもあるようです。

子育てうつの特徴


「育児うつ」
「子育てうつ」と呼ばれる特徴を
いくつか紹介したいと思います。

気になる方はまず、
チェックしてみることをオススメします。

  • 次にやるべきことや
     順序が考えられなくなる
  • 注意力の低下により
     育児や家事でうっかりミスが増える
  • 食事量の急激な増加、減少
  • 外出しようという
     気持ちになれない
  • 上とは逆に、
     育児の待っている家に
     帰りたくないと感じる
  • 「自分は1人だ」
    「助けてくれる人はいない」
     と殻に閉じこもる
  • 基本的にネガティヴ思考になる
  • 疲れているのに眠れない

ほんの一部ですが、
思い当たる節はないでしょうか。

もし、すこしでも思い当たることがあれば
早めに相談するべきです。

心療内科にいきなり行くのは
不安だと思う方は、
市の保健師さん等に
相談するのはどうでしょうか。

重症化してからでは、
聞いてもらうことすら嫌になります。
まだ「聞いてもらいたい」
と思っているうちに
行動することが大切です。

スポンサードリンク

子育てうつは何が原因なの!?

身体的疲労

主に睡眠が確保できないことや、
日々子どもの行動に目を光らせて
おかなければいけない
という状態に
疲れが出ることです。

育児の有無に関係なく、
睡眠が短いことが1ヶ月続くだけで
抑うつ状態になるケースが
随分と高くなるそうです。

その上、日々の育児に
追われていることで、
身体的な疲労が慢性化
するのでしょう。

精神的疲労

配偶者や家族など周りの助けが
得られないことによる疲労
が挙げられます。

配偶者はいるものの、
朝早く出ていき、
夜遅く帰ってくるような仕事の場合
ほとんどの育児を
1人でしなければいけなく、
精神的に追い詰められてくる
というものです。

今は1人で育児をするという意味で

ワンオペ育児

という言葉が流行っているほどです。

多くのお母さんが
そのような思いをしているのでしょう。

また、
「育児とは子育てとはこういうものだ」
という理想があり、
その理想通りにならないことで、
自分がいけないのだと
自分自身を責めてしまう
ケースも多いようです。

頑張っているからこその
悩みなのでしょうが、
これがひどくなる前に
誰かに話を聞いてもらったり、
助けてもらったりしたいものですね。

「もうだめだ」
と思った頃には遅いです。
そうなる前に、
家族や周りにSOSを出し、
最悪の事態に
ならないようにしたいですね。

まとめ

いくつかのチェック項目を挙げましたが、
当てはまると思ったことがあるならば、
ぜひ周りに頼りましょう。

それでもダメなら
心療内科へ受診しましょう。
早いうちの方がいいです。
きっとあなたを助けてくれる人がいます。

「育児は疲れるもの」
なのかもしれませんが、
お母さんが倒れては意味がありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする