その布団大丈夫?布団にはびこるダニを退治する対策は?

スポンサードリンク

ダニアレルギーという言葉、よく耳にしますよね。

いろんなアレルギーがありますが、

最近はダニアレルギーの患者が増えているという話も

聞いたことがあります。

そんな厄介なダニを退治するには

どんな方法があるのでしょうか。

ダニを退治する方法と予防策を調べたので、

まとめてみました。

布団の中のダニを退治する方法は

布団の中にいるダニを退治する方法として、

真っ先に思いつくのは布団を干すことですよね。

だけど、普通に干しただけではダニは退治できません。

ダニは50℃以上の高温にならないと死滅しません。

お布団を干せば50℃にはなりますが、表面だけです。

ダニは奥に逃げ込んでしまうので、

退治することは難しいでしょう。

ダニを退治するには熱がポイントとなるので、

お布団を高温にする必要があります。

布団乾燥機、ホットカーペット、

スチームアイロンなどを使えば

高温にすることが出来ますよ。

どの方法でも、まず部屋を1時間ほど暗くしてください

ダニは夜行性なので、部屋を暗くすることで

お布団の表面におびき寄せることが出来ます。

スチームアイロンを使う場合は、

布団を焦がしてしまう恐れがあるので

固く絞った濡れタオルを当て布として使いましょう。

アイロンをかけるというよりは、

スチームをあてる感じで

一平方メートルあたり20秒ぐらい

かけてくださいね。

スチームの熱が布団の奥まで届くように、

ゆっくりとかけるようにするのもポイントですよ。

ホットカーペットを使うときは、

高温にしたホットカーペットの上に布団を敷きます。

最近のホットカーペットには、

ダニ駆除機能があるので

そちらの機能を使ってもいいでしょう。

両面合わせて、数時間ほど敷いておくといいですよ。

天日干しでダニを退治することも出来ます。

部屋を暗くしてダニを表面におびき寄せたら、

黒いカバーを掛けて布団を干しましょう

太陽の熱は黒色に集まるので、

布団の中まで高温にすることが出来ます。

どの方法も同じなのですが、

ダニを退治した後はきちんと掃除機掛けをしてくださいね。

ダニの死骸もアレルギーの原因となる可能性があるので、

掃除機掛けをしてダニの死骸をきちんと取ってください。

時間がない人は、

ダニ取りシートを使うのもおススメです。

布団の下に置いておくだけで、ダニを集め退治してくれます。

天然成分が使われているのがほとんどなので、

小さいお子さんがいても安心して使うことが出来ますよ。


スポンサードリンク

布団にダニを増やさないための日ごろのお手入れは

ダニを退治したからといって、

完璧に消滅させることは出来ません。

ダニ退治は1週間に1回のペースでやりましょう。

ダニは、人間の皮膚カスやフケがご飯です。

それらを出さないようにするのは無理なので、

こまめに洗濯する必要があります。

でも、布団を洗濯するのは無理ですよね。

なので、カバーを使ったりタオルを巻いたりしましょう。

カバーやタオルは

2~3日に1回の割合で洗濯してくださいね。

湿度もダニを繁殖させる原因です。

朝、起きたらすぐに布団を押し入れにしまいますよね。

だけど、それはやめましょう。

寝ている間にお布団は体温であったまっているし、

汗などで湿気も帯びています。

その状態で押し入れにしまうと、

ますますお布団の湿度が上がりダニが繁殖しやすいです。

窓を開けるなど風通しを良くして、

お布団の湿気を飛ばしてから

押し入れにしまうといいでしょう。

まとめ


ダニを退治するポイントは、高温です。

布団乾燥機やスチームアイロンなど、

身近なもので布団は高温に出来るので

ぜひ試してみてくださいね。

ダニを増やさない方法も、

清潔に保つ、湿気を飛ばすなどなので簡単に出来ます。

なので、ダニ退治だけでなく

普段のお手入れも気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする