スキマ時間でキレイな太もも痩せを!あなたにオススメストレッチ法

スポンサードリンク

夏になると、海に行ったりしますよね。

そうすると、自然と肌の露出が多くなります。

とくに太ももは露出が一番でやすいですから

出来るだけきれいに見せたいと思いますよね。

凝り固まってしまった太ももの筋肉は、

ストレッチを効果的に行うことで

むくみが解消されて細くすることができます。

そこで今回は、太もも痩せに効果的なストレッチ方法について

ご紹介したいと思います。

短い時間で簡単にできる太ももストレッチはこれ!

キレイな太ももラインを手に入れたいけど、あまり時間も

お金もかけられないものですよね。

日常のスキマ時間で出来る太ももストレッチで、

見られる脚を目指しましょう!

1 足あげ

横向きに寝ます。(今回は右側を例にします。)

足をまっすぐにして、下になっている足(右足を天井に向けてあげます。)

右足をあげた状態を5秒間キープします。

右足をおろします。

これを10セット×2します。

左足も同じように行います。

簡単なように思えて意外ときついですよ。

2 太ももの裏のばし

床に座った状態で、片方の足は広げ、もう片方の足は内側に曲げます。

伸ばしている足の方へ体を倒します。

この状態を10秒キープします。

足をかえて繰り返します。

これを4セット行いましょう。

この太ももの裏伸ばしは妊婦さんでも行うことができますので

ぜひ実践してみてください。

3 太ももの表のばし

片膝をたてて、もう片方の膝を90度に曲げます。

両手を立てた脚にのせ、その状態で前に倒します。

この状態を10秒キープします。

脚をかえて繰り返します。

これを4セット行いましょう。

セット数は、多いほうがよいと思われますが、

ゆっくりと伸ばすという意識をもてばよいですよ。

あまり頑張りすぎずに継続してみましょう。

スポンサードリンク

日常生活の中で姿勢を意識することが大切。正しい姿勢とは?

太ももが太い人は、姿勢が悪いということはご存知でしょうか?

実は、姿勢が悪い人は、骨盤の開きやゆがみがありますので、

太ももの表と裏側に負担がかかりやすくなり、

その部分の筋肉が硬くなりやすくなります。

そうすると、血流の流れも悪くなり、新陳代謝も悪くなりますので

脂肪がつきやすくなってしまうのです。

正しい姿勢をする習慣を身につけるためには、

まずは正しい姿勢がどういった姿勢なのかを知る必要があります。

正しい姿勢=

骨盤がたっており、その上に上半身がまっすぐと乗っている状態のこと

ぜひ、家族や友人に自分の姿勢を見てもらいましょう。

正しい姿勢のチェックポイント

・耳と鼻先が水平

・あごはひきすぎず、出すぎず(あごの下に握りこぶしが1個分入る程度)

・背中はS字カーブをえがいているか

・肩は並行になっているか

・肩が前かがみになっていないか

正しい姿勢を意識しすぎると、お尻がですぎたり、

意識していても肩が前かがみになっていることがあります。

これを猫背といいます。

猫背の人はなかなか自分の姿勢に気づきにくいですから、

ぜひチェックポイントに従って自分の正しい姿勢を意識するようにしましょう。

また、お腹に力をいれて、

骨盤の位置を常にたてるような意識を持つとよいでしょう。

少しでも姿勢を意識する時間を増やすことで、

太ももも細くなりやすくなりますのでぜひ挑戦してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

太ももやせをしたいときは、

ご紹介した3つのストレッチ方法をぜひ試してみてください。

できればゆっくりと、伸びている感覚をもつようにしましょう。

太ももが太くなる原因の1つとして、姿勢が悪いことがあげられます。

正しい姿勢を意識して過ごしていただけたら、より太ももが細くなると思います。

猫背の人は、正しい姿勢を意識しても肩が前にでていたりしますので、

家族や友人などに自分の姿勢を見てもらうとよいでしょう。

ストレッチ方法と正しい姿勢を意識することで、

細い太ももになるように頑張ってください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする