子育てトイレは大変!トイトレは必死にならない事が大事だったよ!!

スポンサードリンク

トイレトレーニング、通称トイトレ。

まだ母親になって5年目だというのに、

トイトレは人生で一番頭を悩ませた気がします。

トイレのことで

気を揉むことがなくなったのは

5歳になってからで、

とても長い道のりでした。

どうしたらいいのかと毎日泣く日々で、

数年前の私にどうしたらいいのか

教えてあげたいとさえ思います。

トイレは楽しいところ。子どものトイレの教え方

思い返せば、

始まりは悪くなかったと思うのです。

全く後追いをしない我が子だったから、

トイレについてくるということがなく、

トイレの存在を知らずに成長しました。

初めてトイレに連れて行ってみたら、

いったい何が怖いのか大号泣。

我が子にまず

トイレは楽しい場所

だと教えなければなりませんでした。

もし、後追いする子だったら、

しめしめと思ってトイレへ案内するのも

よかったのかもしれません。

トイレにつっかえ棒をして、

ぬいぐるみ達をつるしてみて、

私がトイレに行く度にそれに触らせてました。

でも、ここで注意したのが

【トイレは遊ぶところと認識させないこと】

でした。

トイレに入ることが

できるようになったところで

ぬいぐるみ達は撤去。

そして、次に始めたのは座らせること

あまり深くまで考えてはいなかったのだけれど、

私がトイレに行く度に

ぬいぐるみ遊びへ連れて行っていたのは

よかったのかもしれません。

トイレに座るということを

私がすることで子供が覚えたからです。。

トイレに座らせることは楽々クリア。

座らせれたらこっちのもの。

朝起きてすぐとか、

食べてすぐとかに座らせて

偶然出るというのを期待して

トイレに連れていく。

そんなことを繰り返していたら、

座ればおしっこが出るようになりました。

トイレの教え方としては順調なはずでした。

スポンサードリンク

赤ちゃんトイレトレーニング。トイトレの時期間違えた!


順調だと信じて疑わなかったトイトレだったけれど、

私が間違えたのは、

本格的に始める時期でした。

育児書等で書かれているのは、

・歩くことができる

・意思疎通ができる

・おしっこの間隔があいている

ことでした。

まぁまぁわかってはいました。

わかってはいたけれど、

早生まれの我が子は

幼稚園入園時期がせまっていたのです。

ここが間違えたポイントで、

私は幼稚園の入園のために

トイトレを強化してしまったのです。

先ほどのトイトレを始める時期の

3つのポイントは、

正しいのだと身をもって知りました。

我が子はおしっこの間隔が

全く空いていなかったのです。

それなのに入園に向けて

家の中での布パンツ生活を始めてしまいました。

もうそれはそれは…掃除の毎日。

2歳2か月差の妹もウロウロする中で、

20分置きくらいの粗相。

明らかに無理がありました。

ですが、無理やりやり通しました。

でも、ただやり通しただけしかなくて、

いい結果は全く得られませんでした。

幼稚園が始まってからもそれは続いて、

失敗のパンツお持ち帰りで

かばんはパンパン。

でも、成長してからの方がまたたちが悪い。

わざとするようになったのです。

「見て見てー」

と、注目させておいて、

ジャーっとするのです。

もう、膝からがっくり崩れ落ちます。

泣きながらの掃除で

私の頭は狂いそうでした。

いや、友達に言わせれば

もうおかしくなっていたそうです。

結局、失敗がなくなったのは、

自立心がすごい妹が

2歳1カ月でオムツが外れた時でした。

羞恥心が出たんだろうね。

結果、私は初めてトイレに座らせた

1歳半から4歳半くらいまで、

トイトレをしていたことになります。

今になって思えばなんて大変な・・。

トイトレは焦らず心おだやかに

トイトレを始める時期とは

歩くことができる

意思疎通ができる

おしっこの間隔があいている

そして、やる気があるかどうか

がとっても大事でした。

今ね、冷静になればわかるのだけれど、

自分がトイレに行きたくないのに

無理やり言われて行ったりしないよね・・。

自分で行きたいと思うのも大事

親が必至になっても大変なだけ。

何度「キーーーーー」となったことか・・・。

 

 

トイトレは焦らないのが一番

心おだやかにするのがいいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする