ダイエット中あるある!ぐーっとなる空腹を紛らわらす方法は?

スポンサードリンク

20代の女性は常に

「ダイエットをしなければ」

ならないと思い悩んでいる方が多いです。

かわいい洋服があっても、小さいサイズしかなく

泣く泣く諦める羽目にあったこともよくありますよね。

気にしてダイエットを始めたものの、

仕事場でうっかり「ぐー」って鳴ったら恥ずかしいです。

空腹でお腹が鳴るのをどうにかして押えたい

ならどうしたら良いのでしょうか?

満腹中枢を刺激するガムや炭酸水を飲む

ダイエットをしようと思って頑張っていても、

お腹が空いてしまうのは当然生きている証拠だからです。

いきなり食事量を減らしても体がついていきません。

お腹が空く原因は

胃が下がる

血糖値が下がる

五感による作用

が考えられます。

この3つの原因を取り除けば、

甘い誘惑に打ち勝つ事ができるかもしれません。

この空腹感を誤魔化すには、

脳をどうにかすることが重要です。

食欲は、脳が「お腹が減ったから何か食べて~」と命令

をしているのです。

ですから、満腹中枢を満たしてあげる事が

大事な要素になってくるのです。

では、どうすれば満腹中枢を満たす事ができるのでしょうか?

満腹中枢を満たす事ができるもの

 

1.炭酸水

炭酸水?と思う方も多いと思います。

炭酸水は空腹時に飲むと胃が膨らむので、

間食がしたくなったら炭酸水を飲む事で

間食を防ぐ事ができます。

また、食事の前に炭酸水500mlを飲む事で胃が膨らむため、

食事の量を少なくしても満腹中枢が働きます。

そのため空腹感から逃れる事ができるのです。

但し、炭酸水無糖の物にすること、

少量しか飲まない場合、逆に胃を刺激してしまうので

食欲増進になってしまうことがあります。

2.ガムを噛む

「ガムを噛むと痩せられる」

と聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

では、ガムを噛むとなぜ痩せられるのでしょう?

ガムは噛む事が前提です。

噛むという行為が、ダイエットに有効的に働くのです。

噛むという行為は満腹中枢を刺激するので、

空腹でも「今は満腹」という誤魔化しができるのです。

食事をする前にガムを噛む事で

食事の量を減らせる事につながるのです。


スポンサードリンク

空腹を紛らわせるツボ

 

手軽に空腹感を紛らわせる方法の中には、

ツボを押して満腹中枢を刺激する

という方法もあります。

北斗の拳のケンシロウのように

指が体にめり込むまで押す必要はありません。

ツボは、自分が「痛いかな~」と感じる位が

丁度良い押し加減という事になります。

飢点(きてん)

これは耳の穴の前方に少し出っ張った部分です。

耳のふた的な存在といった方がわかりやすいでしょうか。

その部分を親指と人差し指でつまむようにします。

このツボを刺激する場合は両耳同時に行うと

より効果的のようです。

肺点

これは耳の穴の真横辺りにあるツボです。

満腹中枢を刺激する事ができる事と

血行促進が期待できるツボになります。

ここを指先で刺激するのですが、

爪が伸びている方は

耳を傷付けてしまう可能性があるので、

綿棒などで押しても大丈夫です。

人中

このツボは鼻と唇の真ん中当たりにあるツボになります。

ちょうど上前歯の歯ぐきあたりに当たるところです。

ここも満腹中枢を刺激するツボになります。

但し注意しなければならないのが、

強く押してしまうと

口の中から血が滲んでしまう事があるので、

あまり強く押さないようにしましょう。

人間のツボはまだまだ無数に

満腹中枢を刺激するツボが存在するはずです。

自分の体にあったツボを探してみるのもいいかもしれませんよ。

まとめ

ダイエット時に空腹感を押える方法について紹介してきました。

基本的には【日本人の女性は痩せすぎ傾向である

と言われています。

20代の女性にとっては

「誰よりも痩せたい」

という願望があるのでしょうね。

ダイエットは体にかなり負荷をかける行為ですから、

なるべく体調が悪くなるような方法を取らない事が一番です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする