よく考えないとダメ!お年賀を親に負担にならないように渡すコツ

スポンサードリンク

お正月に実家に帰省する方も多いと思いますが、

お正月に実家に行く時にお年賀を渡すかどうか

迷ってしまう事は有りませんか?

自分の実家だから渡さなくても

と思っている方も多いのではないでしょうか。

実際どのようにするのがよいのでしょうか。

お年賀やお年玉を親に渡す?渡さない?

スポンサードリンク

自分が結婚をして、実家を出たのを機に、

今までお世話になった親に対して

お正月に実家に訪れた時に

お年玉を渡そうと考えている方もいるでしょう。

しかし、日本には親にお年玉を渡す習慣は有りません。

それに日本のお年玉の風習は、

目上のものから渡されるものですから、

「親にお年玉です。」なんて言って渡した場合は

確実に失礼にあたってしまいます。

親にお年玉をあげる場合には、

お年賀」として渡すのがいいでしょう。

その場合は、

必ず父親・母親共に平等な金額を渡しましょう。

ただし、両親がまだ働いている場合は、

定年になってから渡す方が素直に受け取ってくれます。

親が定年になるまでの間は、帰省するときに、

父親や母親の好きな食べ物を持って行ったり、

外食に連れ出してあげたりするのがよいでしょう。

お年賀を親に持っていくときのおすすめの金額や品物は?

両親へお年賀としてお金を渡す場合や品物を渡す場合

相場はどのくらいになるのでしょうか?

調べてみると、1万円~3万円が相場になっている様です。

もちろん、自分の家庭の経済状況を踏まえた

金額で大丈夫です。

もらった両親も、高額な金額だと

気持ち的に不安になってしまいますからね。

あくまでも、感謝の気持ちですから、

金額ではなく、気持ちを大事にしましょう

また、お金の代わりに、

お年賀として品物を持参するには

いくらぐらいがいいのでしょう。

この場合は、5000円~1万円位が相場のようです。

この金額だったら、お酒が好きな父親だったら、

日本酒や缶ビール1箱でも十分問題はありません。

また母親の場合には、

好きな食べ物を購入してみてもいいでしょう。

年に1度のお正月ですから、

ちょっと高級なカニやお肉などでもいいです。

ちょっとした贅沢でも、

自分の子ども達からのいただきものであれば、

かなり嬉しい気持ちになるのではないでしょか。

まとめ

実家の両親にお年賀を渡す時には

どのくらいの相場がいいのか等について紹介してきました。

結婚を機に実家を出た場合には、

帰る機会も減っていきますから、

お正月くらいは両親と一緒にゆっくり過ごすとよいでしょう。

それがご両親の一番望んでいることではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする