パーティーの花形!ケーキを安全に持ち運び崩れないようにする方法はこれだ!

スポンサードリンク

クリスマスや誕生日、イベントごとに

ケーキを焼いているっていう人結構いるみたいです。

手作りケーキの作り方レシピもありますし、

素材も前に比べたらお取り寄せできたりするので

本格的なスイーツ作りを趣味にする方も多いです。

でも、自分で作ったケーキを自分だけで消費することは出来ませんよね。

誰かの家やパーティー会場に持っていくときに

せっかくのケーキの形が崩れてしまうととても残念です。

簡単にケーキを持ち運びするにはどうしたら良いでしょうか?

ケーキを持つ運びするおすすめのケースや紙袋について

スポンサードリンク
ホールケーキを持ち運ぶ事が出来る簡単な方法は、

ホールケーキ用BOXを使うことです。

特に、デコレーションしてあるケーキは大きいので

高さがあるものを選びます。

あらかじめ取っ手付だとそのまま運べて便利ですね。

中でケーキが動いて側面にぶつかってしまわないように、

ケーキ用トレーをつけましょう。

ホールケーキを入れるだけで

型崩れを起こさないで

安全に運ぶ事が出来るようになります。

百均のものでもケーキ用の箱がありますから、

そちらを使っても良いですね。

基本的に無地のものが多いので、ケーキトレーやケーキ箱に

自分でデコレーションしてもかわいいですよ。

ただし、百均のものはお値段相応なので、

少し紙が薄い傾向があります。

長時間の持ち運びをするときは強度が心配なので、

ある程度しっかりしたものを選んで購入したほうが良いでしょう。

手提げの紙袋は百均でも良いですし、

いろいろな形のものを包める風呂敷なんかも使えますよ。

あとはあんまりおしゃれじゃないですが、

大きめのタッパーと、

ケーキの大きさのタッパーを用意する方法もあります。

ケーキと同じくらいの大きさのタッパーのフタ側に

ホールケーキを載せます。

そして、ケーキより大き目の、

底が深いタッパーを被せます。

さらに風呂敷などで確実に固定してください

で、パーティー前にささっと持っていって、

あらかじめ取り出してきれいに飾り付けしちゃいます。

ケーキを持ち運びするときに保冷剤はどれくらい必要?何時間くらい持つ?


ケーキを運ぶ時にはどうしても、外気温との関係で

中の温度も上昇してしまいます。

ケーキが傷みやすくなる温度は7~8度以上です。

ケーキは気温が上昇すると傷みやすくなってしまうので、

保冷剤を入れて温度があがらないように保つ必要があります。

小さい保冷剤1つで30分~1時間くらいです。

短時間移動の場合は先に紹介したケーキ箱の中に

小さい保冷剤を入れるくらいで大丈夫です。

暖かい場所に長時間いるときや、

夏場の移動の場合は、

保冷バッグを使用する方が確実です。

保冷バッグが無く紙バッグを使用する場合には、

紙袋の中にビニールシートを敷いておく

冷気が逃げにくくなりますよ。

2重にした保冷バッグの中に板状の保冷材を入れて

その上にケーキを載せます。

後は、ドームの箱がずれないように

小さい保冷剤をつめておきましょう。

まとめ

大き目のタッパーや百均に売っているケーキ用の箱などで、

崩れないようにしっかり運ぶのが確実です。

ケーキは生菓子ですから、

美味しく食べるため、型崩れ防止のために、

運搬方法についてもしっかり把握しておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする