赤ちゃんが風邪で急な発熱と嘔吐! こんな時はどうすればいい!?

スポンサードリンク

赤ちゃんが急に体調不良になったら・・・

昼間なら病院へ連れて行くことも出来ますが、

もし夜間なら?休日なら?

そんな疑問や、

急な体調の変化への対処法をご紹介します。

どうしよう!赤ちゃんの急な発熱

スポンサードリンク

急な熱にはどう対処するかですが、

まずは安静にすることです。

顔色が悪く寒がる時には、

布団をかけて温めてあげましょう

逆に、汗をかいたり

暑がるような様子がある時には、布団を減らして

赤ちゃんの手足が外に出るようにして

熱を逃がすようにしましょう。

赤ちゃんは汗をかきやすいので、

マメに下着を取り換えて

汗で体が冷えないようにすることも必要です。

発熱の時に熱さましシートなどを使う人もいると思いますが、

おでこに貼っても正直言って効果はそれほどありません。

私も赤ちゃんのおでこに

シートを貼ったことがありましたが、

冷たいせいもあって

嫌がって自分で取ってしまうことが多いです。

なので、服で隠れるような太ももの付け根などが

一番いいかもしれません。

首の付け根わきの下などを

冷やしてあげるほうが効果は高いのですが、

冷やしすぎると

体温が下がり過ぎてしまう事があるので

気を付けてください。

この冷やすタイミングですが、汗が出始めたらで大丈夫です。

その前に冷やしてしまうと熱が上がる途中で

悪寒がしているかもしれません。

赤ちゃんの平熱というのは、

大人よりも高いと言われています。

私もわが子を初めて抱いたときの温かさには驚き

「この子熱があるのかな?」

と心配したこともありました。

ですが、1歳くらいまでなら

個人差はありますが

36.5~37.5度くらいが平熱です。

まずは子供の平熱がどのくらいなのかを

把握しておくことが必要です。

毎朝デジタルの物でいいので、

検温しておくと発熱の時も気付ける

ようになります。

また、赤ちゃんは大人と違い

体温調節の機能がまだ不十分です。

風邪などの発熱ではなくても、

着ている服や布団の掛け過ぎで

簡単に38℃になってしまうこともあります。

まず、赤ちゃんが急に熱を出したら

着ている物や布団などを

掛け過ぎていないか気にして見ましょう。

こんな時はどうしたらいい?赤ちゃんの急な嘔吐


子供が嘔吐をするのは、胃腸炎などのウイルス感染か

もしくは急激に熱が上がる事で寒気などが起きますが、

その熱が上がる過程でも嘔吐することがあります。

子供はまだ体の様々な機能が未発達なため、

食べすぎやミルクの飲みすぎでも

すぐに胃の内容物が逆流しやすくなっています。

嘔吐した時には、

嘔吐物が喉に詰まらないように

体を横にしてあげましょう

 

どうしても上を向いてしまうという時には

タオルケットなどを丸めて背中に挟むといいです。

まず、吐いたときには

胃腸を休ませるという意味で

ゆっくり寝かせてあげましょう

吐いた後は水分を取らせたくなりますが、

吐いてすぐは何をしても嘔吐しやすい状態なので

食べ物や飲み物をあげると胃腸の負担になります。

欲しがるような様子があれば

少しずつ与えるようにしましょう。

家に吐き気止めなどの座薬があれば

それを使用するのも1つの方法です。

こんな症状の時は、夜間救急へ


「熱があるけど、

これって救急へ行ってもいいのかな?」

と迷った方はいませんか?

私の場合、過去に介護現場で働いた経験があり、

医療知識が多少あったので

あまり迷うようなことはありませんでしたが、

大人と子供は違うし

「これくらいの症状で行ってもいいものか?」

と迷う親は多いはずです。

もし、救急に行くべきか迷った時には

小児救急電話相談

に電話してみましょう。

「#8000」の全国同一である

短縮番号をプッシュすることで、

お住まいの都道府県窓口に

自動で転送してくれます。

この「小児救急電話相談」では、

小児科の医師や看護師から

赤ちゃんの症状に応じた

対処の方法や受診する病院などの

アドバイスを受けることができます。

実施時間が都道府県によって違うので

調べてみるといいですよ。

<小児救急電話相談 参考サイト>

http://kodomo-qq.jp/index.php?pname=n8000

また、その他にも

ネットで子供の症状によって

救急にかかったほうがいいなどの目安を

見る事が出来るサイトがあります。

ここでは生後1か月~6歳までの子どもを対象とした

チェック項目があるので

これを目安にするといいかもしれません。

<こどもの救急>

http://kodomo-qq.jp/

体調の変化を言葉で伝えられないというのは、

大人には理解するのが難しく

早めの対処というのはなかなかできないものです。

なので、こういったインターネットサイトや、

あらかじめの知識を持っておくことで

判断に迷う事なく、子供の体調の変化に

気づくことが出来る可能性がグッと上がります。

最後に


赤ちゃんは大人と違い、

体調の変化や痛みを知らせる術は

泣く」という行為で大人に訴えかけます。

でも、大人からすると

「なぜか泣き止まない」

「泣くのが仕事」

と赤ちゃんの体調の変化に

なかなか気づくのは難しいことがあります。

ふとした瞬間に

「いつもより暑いかも?」と感じて

やっと熱が出ている事に気づいたりしますので、

早めの対処を出来るように準備も必要です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする