撒き散らし禁止!インフルエンザになったらどのくらいの期間出勤停止なの?  

スポンサードリンク

冬場になると猛威を振るい始めるインフルエンザ

感染力も高いので、

インフルエンザになったら

会社を休まないと

周りに迷惑をかけちゃいますよね。

でも、どのぐらいの期間休んだらいいのか

分からない人も多いでしょう。

そこで、インフルエンザになったときに

どのくらいの期間休んだらいいのか

調べてみました。

発熱後5日経過かつ解熱後2日を経過するまで自宅待機

スポンサードリンク

インフルエンザになると、

学校や会社へ行くのはダメだと言われていますよね。

だけど、会社の場合は

インフルエンザになったからといって、

出勤停止にはなりません

学校には、「学校保健安全法」という法律があって

インフルエンザを始めとする

感染力の高い病気になったら休まないといけません。

しかし、大人の世界には法律がなく

会社の規則で判断するしかありません。

中には、インフルエンザになっても

マスクをして出勤するように言う会社もあります。

ちょっと酷い話だと

インフルエンザになった社員が多すぎて

健康な社員を休ませて

インフルエンザの社員を出勤させたなんて

話もあったようです。

ですが、インフルエンザになったときは、

まきちらさないよう、

発熱後5日経過かつ解熱後2日を経過するまでは、

様子を見てください。

インフルエンザというと

高熱が続くイメージがありますよね。

でも、最近は薬の開発が進み

すぐに熱も下がるようになりました。

熱が下がると、インフルエンザも完治したように

感じるでしょう。

ですが、インフルエンザの菌の潜伏期間は5日

と言われています。

発症後すぐに熱が下がっても、

菌は体内に潜伏しているので

周りにうつしてしまう可能性は高いです。

なので、5日は様子を見ないといけません。

解熱後2日と言われているのは、

菌が完全消滅するのが解熱後2日~3日だからです。

日数の数え方にも注意してくださいね。

熱が出た日を0日、熱が下がった日を0日として

数えます。

間違った情報も流れているので、

これはしっかりと覚えておきましょう。

会社によっては診断書が必要なところもあるので要確認!

先ほども述べたように、

会社はインフルエンザになったからといって

出勤停止にはなりません。

でも、会社によっては

病気休暇として処理してくれる場合があります。

また、自発的にインフルエンザになった社員の出勤を

停止している会社もあるでしょう。

会社の方で休みを取れるなら、

お給料も下がる心配もないし

安心して会社を休めますよね。

ですが、ひとつだけ気をつけて欲しいことがあります。

それは、診断書の提出

病気休暇の場合、診断書を出さないと

認めてもらえない場合がありますよ。

いくら本人がインフルエンザだったと言っても、

認めてもらえず、

ただの欠勤扱いになる可能性もあります。

会社の方で、出勤停止を決めている場合も同じです。

必要な書類は、会社の方に確認をしましょう

それから、診断書には

「インフルエンザになりました」と

「インフルエンザが完治しました」

の2種類があるのは知っていましたか?

会社によってどの診断書を出すかが異なるので、

その点も確認してください。

病気休暇などがない場合は、

有給休暇となるので診断書は必要ないでしょう。

まとめ

大人になるとインフルエンザになったからといって

会社を休める法律はありません。

会社の方針や本人任せとなります。

病気休暇はもちろん、有給休暇もない会社だと

熱が下がったら出勤しようと考える人もいるでしょう。

だけど、周りにインフルエンザの菌を

撒き散らすことになります。

なので、インフルエンザになってしまったら

無理をせず休みを取り、

完治するまで自宅待機しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする