頑固な汚れもさようなら!キッチン周りをピカピカにするらくらくお掃除術

スポンサードリンク

毎日の献立を考える時に

皆さんは何を優先しますか?

家族の好きなメニューや、短時間でできるもの、

気温に合わせたものなどいろいろですよね。

私の場合、献立を考える時には

3つのポイントに基づいて考えます。

1:安い食材 

2:手早くおいしい 

3:キッチンが汚れない

この3つです!

安くて早くて美味しいというのは、

ファストフードのようですが…

1番大事なポイントは

「キッチンが汚れない」

という事です!

主婦にとって、

家族においしい食事を作ることも大切ですが、

そのあとの片づけだって重要なことです。

キッチンが汚れていると片づけに時間がかかり、

他の事が出来なくなります。

とは言っても、毎日料理をしていれば

いつしか汚れるものだし、

汚れ一つ付けずに料理をするというのは

無理な話ですよね。

そうなると、いかに早くきれいに汚れを落とすかに

かかっています!

今回はキッチン周りの掃除についてご紹介します♪

キッチン掃除の主婦の敵!油汚れを撃退!

スポンサードリンク
放っておくとどんどん落ちにくくなる油汚れには、

浸け置き」が必須です!

たっぷりのぬるま湯に重曹を溶かして、

30分ほど浸け置きしておきましょう。

漂白剤などでもいいのですが、

後からぬめりを取るのが大変です。

重曹は油を分解、中和してくれるので

油汚れを落としやすくしてくれます。

汚れには2種類あり、

アルカリ性の汚れと酸性の汚れに分けられます。

酸性の汚れというのは、油や皮脂の汚れ、

アルカリ性は水垢や排泄物の汚れになります。

このため、掃除用の洗剤を選ぶときは

「アルカリ性」と「酸性」の

どちらの汚れなのかを

理解した上で洗剤を購入すると

掃除も効率的で無駄がなくなりますよ。

もし、ご自宅で普段使っている洗剤じゃ汚れが落ちないと

いう時は重曹を使ってみてください。

油汚れだからと言っても、

食器用洗剤などでいくら擦っても汚れは落ちません。

汚れの性質と逆の物を使って

「中和」「分解」することがキレイのコツです。

重曹はスーパーやドラックストアなどで簡単に購入でき、

値段もそれほど高くはありません。

キッチンの以外の掃除でも使えるので、

1度買っておくと便利ですよ。

私もそうなのですが、キッチンの中でも

なかなか細かいところまで手が届かないのが

魚焼きグリルです。

みなさんはどうやって掃除していますか?

水受けや網は取り外して洗うことも出来ますが

ぬめりが取れなかったり、

細かい部分を洗うのは大変ですよね。

そんな時にも重曹が活躍します!

  1. 汚れが隠れるくらい重曹をかけます。
  2. そこに水溶き片栗粉を入れます。
  3. さらに重曹をさらっとかけます。
  4. そしたら1度魚焼きグリルを通常のようにセットして空焼きします。
  5. 焦げないように気を付けながら、水分が抜けたら火を止めて冷まします。
  6. 触れるくらいまで冷めたら、固まった片栗粉の部分を剥がします。取り除いたらお湯で流しながらスポンジなどで少し擦ります。

これだけで魚焼きグリルはピッカピカ!

工程が多いので手間のように見えるかもしれませんが、

空焼きして冷めるまでは放置なので、

その間に他の家事をすることも出来ますよね。

⑥の工程で剥がしたものは、

そのまま燃えるゴミに捨てて大丈夫です!

臭いが気になる時は、

新聞紙などで包んでから捨てれば問題ありません

洗った後のグリルに重曹をかけておけば

防臭にもなりますよ♪

これは使える!万能お掃除アイテムベスト3

これがあれば掃除も手早くきれいなる!

というアイテムをご紹介します。

セスキ

最近お掃除グッズの1つとして浸透してきた

セスキ炭酸ソーダ」というものがあります。

別名「アルカリウォッシュ」と書いてあるものも

多くありますが、このセスキの特徴として

【水に溶けやすい】【弱アルカリ性】

というのがあります。

それなら重曹と同じじゃないの?

と思うかもしれませんが

重曹よりも水に溶けやすく、

アルカリ性が少し強いです。

なので重曹と同様、油汚れに効果的であり、

簡単に言うと

重曹よりもちょっといい性能である

ということです。

油汚れの多いキッチン周りの掃除では

大いに活躍してくれるでしょう。

オキシクリーン

あまり目にすることはないかもしれませんが、

キッチン用品やガスコンロのパーツなどを

浸け置きする時には便利です。

キッチンの掃除だけでなく、

洗濯の時に一緒に入れるだけで生乾きの

嫌な臭いがなくなるという効果もあるようです。

お酢

お酢というよりも、クエン酸の成分が掃除に効果的です。

クエン酸にはアルカリ性の汚れである、

水垢やせっけんカスを中和する効果があります。

シンクの中やお風呂などの掃除では

効率的に汚れを落とすことができます。

特にキッチンでは雑菌の繁殖を防いだり、

残飯や排水口などの嫌な臭いを消してくれる効果もあるので、

キッチン周りの掃除にも便利ですよね。

また、意外にも洗濯でも役に立つのです!

すすぎの時にクエン酸を入れると、

私たちで言う【リンス】の役割をしてくれます。

アルカリ電解水クリーナー

 

高濃度のアルカリ電解水の力で、

油汚れも簡単に落ちます。

「水の激落ちくん」などで

注目されるようになったのですが、

注目される理由として

【安全】【環境にやさしい】

というところが挙げられています。

なぜ安全なのか?というと、

アルカリ電解水とは

原料が「塩」と「水」ということです。

海面性活性剤や添加物を使わないので、

安心して使えるという優れものです。

ですがその一方で、

あくまでも「アルカリ性」の物ですので

手袋などを履いておくのが安全でしょう

また、肌の弱い方や小さなお子さんが触れる物の場合は

しっかりふき取ってからの使用をおススメします。

まとめ

最後の後片付けがどうにも苦手な私ですが、

掃除のコツと便利なアイテムを使えば

楽しく掃除が出来そうです♪

でも何より、毎日少しずつ掃除をして

汚れを溜めないのが掃除を楽にするポイントかも

しれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする