朝からブルーになる・・・女性の寝起き頭痛の原因はこれだった⁉

スポンサードリンク

目覚めと共に襲ってくる頭の痛み。

もう一度布団を被って寝たくなりますが、

なかなかそういうわけにはいきませんよね。

一体、寝起きの頭痛の原因は何なんでしょうか?

改善することは出来るのでしょうか?

女性ホルモンのバランスが崩れたことにより頭痛を引き起こす

スポンサードリンク

朝、頭痛が起きるのは毎日ですか?

それとも、毎回パターンがありますか?

パターンがあるって言う方にお聞きします。

それは、生理中ではありませんか?

もしくは、生理前に頭痛が起きていませんか?

はっきりとは解明されていませんが、

女性ホルモンのエストロゲンが脳の血管を拡張し

頭痛を引き起こすと言われています。

だから、女性ホルモンのバランスが崩れる

生理前や生理中は寝起きの頭痛が起こりやすいのです。

ただでさえ、生理痛や貧血で生理中は辛いのに

頭痛まで加わるなんて厄介ですよね。

残念ながら特効薬はないので、

朝起きたら1分ほど熱めのシャワーを浴びるなど

するしかありません。

もしくは、頭痛薬を飲むしかありません。

生理中はイライラしてストレスも溜まりやすいので、

それも頭痛の原因となるようです。

例えば、運動などをして、

ストレス解消するようにするといいかもしれませんね。

頭痛の原因は質の良くない睡眠をとっているからかも

毎朝、頭痛が起きる人は

睡眠が影響しているかもしれません。

睡眠不足はもちろん、寝過ぎでも頭痛は起きてしまいます。

それぞれの理由を簡単に説明しますね。

寝不足

本来、睡眠中の血圧は低下しています。

しかし、睡眠時間が短かったり

眠りが浅いと血圧は高いままです。

その結果、周囲の神経を圧迫することになり

頭痛が起きてしまうのです。

寝過ぎ

寝ている間、私たちの体はこっています。

なので、長く寝れば寝るほどこりが酷くなります。

目覚めた時、体のこりを治すために血行が良くなり

血管が拡張します。

拡張した血管は、周囲の神経を圧迫し

頭痛を引き起こします。

寝不足も寝過ぎも、寝る前の習慣が影響しています。

例えば、寝る前にスマホとかいじっていませんか?

私は毎晩のように、布団に入ってから

スマホでゲームをしています。

しかし、スマホのブルーライトは

脳にあまりいい影響を与えません。

寝ているつもりでも、

脳は興奮していて眠りが浅くなってしまいます。

分かっていても、スマホを触らずにいられませんよね。

寝るときは、手の届かない場所に置くといいのかな。

寝る前のカフェインやアルコールもよくありません。

お酒を飲んでからの方が

よく寝ることができるという方もいますが、

脳は熟睡できないので

同じように眠りは浅くなってしまいます。

どうしても、アルコールがないとダメなら

ノンアルコールはどうでしょうか?

私はアルコールを飲まないのでよく分かりませんが、

ノンアルコールでも飲んだ気分になれるって

聞いたことがあります。

改善につながる方法として、

読書や音楽を聴いたり

ストレッチをするなどリラックスしてから

寝るようにするとよいようです。

後は、朝起きる時間は毎日同じにして

睡眠のサイクルを作ってください。

寝る時間を決めると、寝ること自体がストレスになり

かえって良くないので寝る時間はだいたいで大丈夫です。

まとめ

寝起きの頭痛の原因についてまとめてみましたが、

どうでしょうか?

あなたの頭痛の原因は分かりましたか?

女性ホルモンによる頭痛は

早く生理が終わるように願うしかありませんが、

睡眠による頭痛は改善できます。

もし、睡眠による頭痛なら、

寝る前の習慣を見直してみてください。

寝起きの頭痛ほど嫌なものはありませんからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする