お正月の帰省ラッシュを避ける方法!新幹線はいつがピーク?

スポンサードリンク

みなさんはお正月に実家へ帰省するとき

何を利用しますか?

実家が遠く離れている人は

新幹線を利用することが多いのではないでしょうか。

ですが、年末年始の新幹線の混雑はすごいですよね。

ニュースなどで、「乗車率120%」なんて言葉を

よく耳にすると思います。

そんな新幹線の混雑を回避するにはどうしたらいいのか

調べてみました。

年末年始の帰省ラッシュが発生するタイミングは?

スポンサードリンク

大きな会社だとお正月休みは長いですが、

一般的には12月30日から1月3日ぐらいがお正月休みですよね。

なので、12月30日になると帰省ラッシュが始まります。

午前中が一番、混雑するでしょう。

私もそうですが、実家に帰るとなったら早めに行きたいですもんね。

1月3日は、帰る人たちで混雑します。

仕事始めの前日はゆっくりとしたい人もいるので、

2日も混雑する可能性は高いです。

帰りはのんびりと過ごしたいと考えるので、

午後からが混雑するでしょう。

今年は29日が金曜日で、プレミアムフライデーです。

新幹線を利用する人なら、

仕事帰りにそのまま帰省しようと考えるのではないでしょうか。

そう考えると、29日の午後3時過ぎから

混雑は始まるかもしれません。

新幹線を使うときに帰省ラッシュの混雑を避ける方法はある?

新幹線の帰省ラッシュを避けるには、

指定席を取る必要があります。

新幹線の指定席は1ヶ月前から取ることができ、

インターネット・券売機・ツアーなど

さまざまな方法で予約を取ることができますよ。

インターネットの方が手軽でいいかもしれませんね。

指定席の予約が取れない場合は自由席になってしまいますが、

混雑を回避する方法はちゃんとあります。

なので、安心して下さいね。

まず、乗りたい新幹線の時刻の30分前には駅に行き

並んでおきます

前列に並ぶことで、自由席でも座ることができますよ。

ですが、列に並んでいる人が多かったら

新幹線を1本遅らせるといいかもしれません。

ほとんどの人がその新幹線に乗るので、

次の新幹線は空いている可能性があります。

新幹線の車両にも注目して下さい

喫煙スペースやトイレのない偶数号車は座席数が多いので、

そちらを狙うといいですよ。

新幹線の種類によって自由席の号車は異なりますので、

こちらを参考にして下さい。

・16両編成

のぞみ…1~3号車

ひかり…1~5号車

こだま…1~7号車、13~15号車

・8両編成

みずほ…1~3号車

さくら…1~3号車

つばめ…1~3号車

ひかり…1~3号車

こだま…1~5号車、7,8号車

臨時列車や指定席のキャンセルを待つという方法もあります。

混雑状況に応じて前日に臨時列車の運行が決まるので、

予定日の前日にホームページなどをチェックするといいでしょう。

予約を入れた2日前まではキャンセル料が安いので、

大体の人が2日前までにはキャンセルをします。

なので、こまめにキャンセルが出ていないか

チェックするのもいいかもしれません。

まとめ

年末年始は実家でのんびりと過ごしたいと考えても、

その前の新幹線の混雑を考えると

実家に帰るのが億劫になっちゃいますよね。

私も似たような理由で、

ほとんど実家に帰っていません。

ですが、混雑を回避する方法はあるので

ぜひここに書かれた混雑回避方法を参考にしてみて下さいね。

そして、実家でのんびりと楽しいお正月を過ごして下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする