子どものお祝い事は多いけど、初節句のお祝いは一体何をすればいい?

スポンサードリンク

初節句のお祝いと言えば何をしますか?

改めて聞かれると返答に困っちゃうという方も多いのではないでしょうか。

初節句のお祝いは、子供が健康に育つようにと願いお祝いする行事です。

女の子は3月3日、男の子は5月5日

厄除けの意味も込めてお願いする日でもありますが

内祝いでもあるのです。

特に決まりはなく、子供と両親だけでお祝いする家庭も増えていますし

神社で祈願や祝詞をあげてもらう人も増えているようです。

家の中でお祝いをするなら「内祝い」という意味を考えて、

親しい友人や親族を招いてお祝いの膳を囲むことが一般的です。

ですが、初節句の間近に出産だった場合には

子供やお母さんの体調を考えて翌年にお祝いするなど、

まずは体に負担がないようにということを一番に考えて行いましょう。

お祝いの際には、親族などを招いて食事をするのが一般的なようですが

食事とはどんなものがいいのでしょうか?

初節句はみんなでお祝い!

スポンサードリンク

昔初節句は、一家総出で行う行事でしたが

最近では親子だけでこじんまりと済ませる人も多くいます。

誰かを呼ぶとしても、両親つまり

子供のおじいちゃんとおばあちゃんというご家庭が殆どです。

今では初節句のお祝いを渡すという人はあまりいないかと思いますが

先ほどの記述のように「内祝い」の意味もありますので

お祝いをくれた方を招待するという方もいます。

おじいちゃんおばあちゃんが、親族と同居している場合は

その方たちにも声をかけるようにしたほうがいいでしょう。

来るか来ないかは、その人の自由ですが

後々「声を掛けられなかった」と言われるより

一度は声をかけたほうが、どちらもモヤモヤせずに済みますよね。

「食事会」となるとお店でやるの?と悩みますが

これは決まりがなく自分たちのやりやすい方で問題ありません

参考までにお店と自宅でやる場合の、メリットとデメリットをご紹介しますね。

<お店でする場合>

〇料理や後片付けの手間がかからない

〇切り上げの時間がはっきりしている

×費用がかさむ(人数やお酒の有無など)

×お店までの移動や、人数把握が面倒

<自宅でする場合>

〇食事などの費用を抑えられる

〇移動がないので楽

〇子供がグズっても気を使わなくて済む

〇時間の融通が利く

×料理などの準備や後片付けが面倒

×時間に決まりがないので、ダラダラする

<実家でする場合>

〇準備など、ある程度任せられる(分担できる)

〇出費が少なくていい

〇親の顔を立てられる

×義実家だと一番気を使って疲れる

×相手の両親も気を使ってしまう

×大勢人が集まるとめんどくさい

初節句のお祝いメニューって何を食べよう…?

お祝いを夕食時にする場合は、

和食のお膳のようなものを食べることが多いですが

特に決まりがあるわけではないので、

子供が食べられる物、大人が食べられるもの招待した方が食べられるもの

を考慮して選ぶといいでしょう。

ご自宅でする場合には、出前などでもいいでしょう。

我が家ではなにかお祝いをするときには自宅でやる事が多く、

その時は「出前寿司」を頼んでいました♪

片づけも準備も少なく、我が家ではお昼時でお酒を飲む人もいないので

手軽に済ませるようにしていました。

やはり、子供が小さいうちには自宅の方が自由に遊んだりできるし

多少騒いでも周りの目を気にすることがあまりないので良かったと思います。

また、そういった事で集まる時には

大抵子供のおもちゃや洋服をご両親が買ってお土産にしてくれていたので

その場で着替えてファッションショー状態でした(笑)

まとめ

様々なメリットやデメリットがありますが、

お店の場所やご両親との関係などで変わってくる部分もたくさんあると思います。

私は子供の初節句は、特になにもしませんでした。

両家の両親も仕事をしていることや

遠方からわざわざ集まるというのも大変という理由から親子で小さくお祝いしました。

食べ物も子供が食べられる月齢ではないため、

お雛様を飾って「可愛いね~」という程度でお祝いとも言い難いものですが…。

ご家庭の事情や状況に合わせた方法でいいと思います。

楽しい初節句のお祝いにしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする