お気に入りを長く着よう!ダウンコートの正しいお手入れ方法は?

スポンサードリンク

寒くなってくると大活躍してくれるダウンコートですが、

お手入れ方法って分からない人も多いのではないでしょうか。

普段のお手入れ方法も間違っている可能性があります。

そこで、ダウンコートのお手入れ方法やお洗濯の方法などを

ご紹介したいと思います。

ダウンコートの日ごろのお手入れの仕方は?

スポンサードリンク
お外から帰ってきたら、

ダウンコートをどうしていますか?

すぐにクローゼットへしまっている人もいるのではないでしょうか。

上着は場所を取るし、

いつまでも出しておくのは見た目的にもイマイチですよね。

だから、すぐにクローゼットにしまいたくなる気持ちは

分かります。

ですが、ダウンコートは

しばらく風通しのいい場所にかけておきましょう

冬場でも、人混みや暖房の効いた室内などにいると

汗をかくことがあります。

その汗をダウンコートが吸収している可能性があり、

そのまましまうと湿気で素材がダメになってしまいます

汗だけでなく、雨や雪でも同じことが言えますので、

濡れてしまったときも

しっかりと乾かしてからしまってくださいね。

ダウンコートの表面生地が汚れたら、

こまめに汚れを落とすようにしましょう

汚れがついていると、ダウンコートの通気性が失われてしまいます

軽い汚れだったら、固く絞った濡れタオルで汚れを落とせるはずですよ。

頻繁にクリーニングに出すのも、気をつけてくださいね。

質感や防寒性が落ちる可能性があります。

衣替えのときやどうしても落ちない汚れがあるときなど、

数回程度にしましょう。

汚れてしまったダウンコートの洗濯は自宅でもできる?

ダウンコートは自宅では洗濯できないイメージがありますが、

素材によっては問題なくできます。

洗濯表示を確認し、水洗いができるかチェックしましょう

水洗い不可でも、

表面生地が綿、ポリエステル、ナイロン、アクリルなら可能です。

しかし、絶対に大丈夫とは言えないので

特に高価なものは自己責任でお願いします。

では、洗濯の仕方を見ていきましょう。

洗濯する前に、色落ちしないかテストしてくださいね。

洗濯機

  1. ファスナーやボタンなどを留め、ネットに入れる
  2. ソフト、手洗い、ドライなど弱水流で洗濯するコースを選ぶ
  3. お風呂の残り湯などぬるま湯を入れる(30℃ぐらい)
  4. そのまま洗濯機をまわす
  5. 脱水が終わったらすぐにハンガーにかけ、風通しのいい日陰に干す

手洗い

  1. 30℃ぐらいのぬるま湯に中性洗剤を入れる
  2. ダウンコートを軽くたたみ、浸す
  3. 押すように洗う。袖口など汚れが気になるところは、指でつまんで細かく押し洗い
  4. お湯を捨て、綺麗な水を入れる
  5. 先ほどと同じように押しながら、洗剤を落とす。2~3回程、繰り返す
  6. 押すようにして水分を出したら、乾いたタオルで水分を吸い取る
  7. ハンガーにかけ、風通しのいい日陰に干す

すすぎは、シャワーで洗剤を洗い流しても大丈夫です。

手洗いをするとき、汚れをしっかりと落とさなきゃと

揉んだりこすったりしますよね。

だけど、それはダメです。

生地が傷むことや

中のダウンにダメージを可能性があります。

優しく、洗ってください

どちらの方法でも言えることですが、

中のダウンは乾きにくく、

表面が乾いていても中は乾いていないことがあります。

なので、2~3日くらいは干しておきましょう。

ダウンが偏ってしまったら、

乾いてから両手で挟んでポンポンと叩いてくださいね。

揉んでしまうと、ダウンがちぎれてしまいます。

まとめ

ダウンコートはお手入れが大変そうと思っていましたが、

意外と簡単に自宅でお手入れができます。

お洗濯も難しくないので、

汚れが気になるダウンコートがあったら

自宅で洗濯してみてくださいね。

クリーニングに出すとお金もかかるので、

節約になりますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする