白い肌に憧れる・・・日焼けの原因メラニン色素を減らす方法とは!?

スポンサードリンク

日焼けしやすい肌質で、

肌が黒くなってしまう方も多いですよね。

肌が日焼けによって黒い事を気にし過ぎて、

自信が持てない方も少なくありません。

どうすれば色白の肌になれるのでしょう。

そもそも日焼けの原因とされるメラニン色素とは?

スポンサードリンク
メラニン色素はシミやソバカスの原因と

言われて悪者扱いされていますが、

メラニン色素は体を紫外線から守る

重要な役割も果たしている事を

理解しておきましょう。

このメラニン色素が無いと、

直接肌の奥まで紫外線が届いてしまい、

炎症や水ぶくれを作る原因になってしまいます。

また、メラニン色素が無い事によって、

紫外線からDNAを守ることが出来ずに

皮膚がんを発症する確率が

非常に高くなる事も事実です。

肌が黒くなる原因は、肌に紫外線が当たることで

活性酸素やメラノサイト刺激ホルモンなどが発生し、

メラノサイトにメラニンを作る事を指示して

活性酸素を除去しようとするからです。

この時、活性酸素を分解した事によって

紫外線に強い肌の生成が行われます。

それによって肌の色が黒くなっていきます。

つまり、紫外線による活性酸素の撃退を

意味するのが肌の黒さにつながるのです。

「美白になりたいのに」

と思っている方には納得がいかないでしょうが、

このメラノサイトは遺伝子によって数が決まっているので、

日焼けをするとすぐに黒くなってしまう方は、

それだけメラノサイトの数が多いと言う事になります。

また肌は28日間の周期で全て入れ替わる為に

肌が黒い状態のままと言う事は

実はありえないと言う事になります。

毎日外に出たりするだけでも

紫外線を浴びてしまうので、

日焼け止めや日傘等のUV対策をする事も

重要になってきます。

メラニン色素を減らす方法

肌が黒くて悩んでいるなら、まず

どうすれば黒くならないようにするか

を考えると思います。

肌が黒くなる原因は、

紫外線にあたる事によって

メラニン色素が発生することです。

先ほども紹介しましたが、

メラノサイトは遺伝子によって

数が決定しているため、

肌が黒くなりやすい方

赤く炎症を起こしてしまう方

2タイプに分かれます。

色白の方はもともとメラノサイトの数が少なく、

紫外線による活性酸素の撃退をうまく出来ない肌質

思っていた方がいいでしょう。

それだけでは肌が黒くて悩んでいる方の悩みが

解消出来る訳ではありません。

【メラノサイトの数が多いから肌が黒い。

でも28日周期で肌は全て入れ替わる。】

これを利用するしかメラニン色素を減らす方法は

無いでしょう。

つまり、肌の手入れを確実にする事が重要なのです。

当然ながら、日焼け止めクリームや日傘等の

UV対策は確実にしておいて、

かつ毎日の化粧品にも注意を払う事と

生活のリズムを規則正しくする事で、

メラニン色素を減らす事にもつながって行きます。

肌へのストレスだけではなく、

精神的なストレスも

メラニン色素を作りやすくする根源

とも言えます。

毎日規則正しい生活を送りながら、

肌の新陳代謝をあげる事をしていきましょう。

日焼け止めクリームや化粧品の油脂は確実に落とし、

その後は保湿とマッサージが

肌の新陳代謝を活性化していきます。

そうする事で肌のターンオーバーが早まり、

メラニン色素を減らして行きます。

まとめ

メラニン色素とは?とメラニン色素を減らす方法

について紹介してきました。

20歳前後の方では

やはり生活のリズムが崩れがちでしょうから、

今から本格的な紫外線対策と

規則正しい生活を心がけるのが一番でしょう。

後は肌ケアを十分に行い、

保湿とマッサージを十分に行う事を

忘れないでくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする