秋の風物詩、楓ともみじの違いくらいは知ってるのが常識なの!?

スポンサードリンク

秋になると色づく木々。

特に、燃えるような赤に染まるもみじは

見応えが抜群ですよね。

そんな、もみじですが

楓とよく似ていて見分け方が分からない方もいるでしょう。

楓ともみじは何が違うのでしょうか。

楓の中で色が変わるものをもみじといいます

スポンサードリンク
もみじと楓の見分けがつかないのは、

実は仕方がないことなのですよ。

なぜなら、もみじと楓は植物の分類においては

同じ分類に分けられているからです。

どちらも、カエデ科カエデ属に分類されています。

盆栽や園芸の世界では、

明確にもみじと楓が分類されているのですが

これは日本独自の物です。

海外では、もみじも楓です。

イロハモミジなど、日本でもみじと言われているのは

「ジャパニーズ メープル」と海外では言われています。

メープルは楓のことなので、

「日本の楓」と言う意味になります。

楓ともみじの大きな違いは、

色が変わるかどうかです。

赤く色づいた物をもみじと呼びます。

これは、もみじの語源によるものです。

もみじは、

秋になり草木が色づいていくことをあらわした動詞「もみず」が

名詞化して「もみじ」となったと言われています。

だから、色が変わるものをもみじと呼ぶようになったのです。

楓ともみじを見分ける方法はコレ

盆栽の世界では、

青々としたものを楓、

赤く色づいたものをもみじと区別します。

しかし、園芸の世界ではそれにプラスして

葉の形などで区別します。

葉の切れ込みが多く、深いものを

もみじと言います。

イロハモミジなど、数十種類があるようです。

一方、楓は切れ込みが浅いです。

楓は数百種類と種類が多く、サトウカエデなどがあります。

カナダの国旗を見たことありますよね。

あの国旗に描かれているのが、

サトウカエデです。

ホットケーキに欠かせないメープルシロップは、

サトウカエデの樹液なのですよ。

見分け方を知って初めて、

楓ともみじを見分けられる方がほとんどでしょう。

私も、楓ともみじの二種類があることは知っていましたが、

はっきりとした違いは知りませんでした。

しかし、ある番組の実験では

広島県民はほとんどの人が見分けられたという

データがあるのですよ。

広島県は、県花も県の木ももみじなので

それだけ、広島県民にとって

もみじは身近な存在だってことですよね。

もみじ饅頭は伊藤博文が関係している⁉

楓ともみじの違いが分かったところで、

ちょっとした雑学をお届けしますね。

広島を代表する銘菓、もみじ饅頭

もみじの形をしているからもみじ饅頭と言うのは

分かると思いますが、作られたきっかけは知らない人も多いでしょう。

諸説あるのですが、一番有名なのは

時の総理大臣、伊藤博文の冗談から考案されたというものです。

厳島の茶屋で休憩をしていた伊藤博文。

その時、給仕をしてくれた娘の手を見てこう言います。

「なんて可愛いもみじのような手だ。

焼いて食べたら、美味しいだろうね。」

それを聞いていた茶屋の女将から話を聞いた饅頭屋は、

その冗談をヒントにもみじ饅頭を作ったのです。

もみじ饅頭の起源に、

伊藤博文がかかわっていたなんてちょっとびっくりですね。

友達や家族に、

楓ともみじの違いを教えた後に

この雑学も教えてあげるといいかも。

物知りなんだねって、ビックリするかもしれませんよ。

まとめ

楓ともみじの見分け方を紹介しましたが、

参考になりましたか?

今年、紅葉を見に行く予定のある方は、

ぜひ楓ともみじを見比べてみてください。

何気なく見ていたものでも、

違いが分かってから見るとまた違うと思いますよ。

私も、紅葉を見に行くときは

楓ともみじを見比べてみたいと思います。

せっかくなので、

もみじ饅頭の起源に関する雑学も

友達や家族に披露してくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする