保存版!バーベキューのお肉をさらに美味しくする下ごしらえの方法

スポンサードリンク

友達を呼んでワイワイと外でバーベキューするのって

楽しいですよね。

外で食べるからか、

どんな食材でも美味しく感じるでしょう。

だけど、せっかくなら

もっと美味しくお肉を食べたいですよね。

ちょっとしたひと手間で、

安いお肉も美味しくできるので

その方法を紹介します。

バーベキューで食べたいお肉は下ごしらえが肝心!

スポンサードリンク
男の人だと食べる量も多いですし、

スーパーの特売のお肉を買ってくることがほとんどでしょう。

そんなスーパーで買ってきたお肉を

やわらかく美味しくするには、

下ごしらえが肝心です。

下ごしらえと聞くと

手間がかかるイメージがあるかもしれませんが、

とっても簡単ですよ。

ジップロックなどの密閉容器を用意して、

フルーツなどとお肉を一緒に漬け込むだけです。

お肉と一緒に漬け込むといいおススメの食材はこちら。

フルーツ

フルーツをすりおろし、10~15分程漬け込みます。

りんごキウイフルーツパイナップルなどが

おススメです。

フルーツに含まれる酵素が

お肉をやわらかくしてくれるんですよ

注意点としては、

長時間漬け込むとフルーツの味が移ってしまうので

長くても15分にすることです。

材料を持っていき、焼く前に漬け込むといいでしょう。

乳製品

牛乳やヨーグルトなどの乳製品と一緒に、

一晩漬け込みます。

乳製品に含まれる乳酸が

肉の繊維をほぐしてくれるんですよ

ニオイや味が気になると思いますが、

味が移ることはないので大丈夫です。

一晩漬ける時間がなくても、

30分以上漬け込むだけでもいいですよ。

コーラ

コーラもフルーツと同じように酵素を含んでいます。

さらに、炭酸に含まれる炭酸水素ナトリウムが

お肉をやわらかくしてくれます。

10分程度漬け込めばいいので、

焼く前に漬け込むといいでしょう。

砂糖が入っていて焦げやすいので、

軽く水で流してから焼いてくださいね

豚肉は味が落ちるのでおススメできません。

ビール

肉にアルコールが入ることで、

肉の保水性が高まり、やわらかくなります。

1~2時間ほど漬け込むといいのですが、

時間があるなら3~4時間漬け込んだ方が

さらにやわらかくなります

タマネギ

すりおろしたタマネギに10分程度漬け込みます。

タマネギとお肉の相性はとってもいいので

おススメです。

バーベキューのお肉をおいしく食べるための方法



せっかく下ごしらえをしたんですから、

焼くときも美味しく焼けるように

一工夫をしましょう。

料理をするとき、一番大事なのは火加減ですよね。

バーベキューでは炭を使うので

火加減なんて無理だと思うかもしれませんが、

炭の置き方で火加減を調節できます。

まず、炭を置く場所を

だいたいでいいので三つに分けます。

一番端には炭を二層分置き、

真ん中は一層分置いてください。

反対側の端は炭を置きません。

アルミ皿など、油受けとなるお皿を置きましょう。

炭を二層分置いたところが強火で、中火、弱火となります。

肉の表面を焼きたいときや野菜を焼くときは、

強火のところに置きましょう。

脂の多いカルビやバラは中火です。

焼きあがった肉や中までじっくりと火を通したい肉は、

弱火のところに置いてください。

足りなかったら困ると思って

食材は多めに用意しがちですが、

成人男性の肉の目安量は250~300gです。

女性なら、200~250g

他にも野菜なども用意するので、

それぐらいで十分でしょう。

野菜は余れば持ち帰れますが、

肉は余ってしまうと捨てるしかないので勿体無いです。

炭は、大人1人で1時間やると考えて約1㎏ですよ。

足りなくなるとバーベキューができなくなるので、

炭は多めに持って行きましょう

まとめ

バーベキューのお肉美味しく食べる方法を

まとめてみましたが、参考になりましたか?

ぜひ、友達などを呼んでバーベキューを楽しんでくださいね。

バーベキューを楽しんだあとの後片付けも、

忘れずにちゃんとやりましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする