ご祝儀の相場知らなかったら赤っ恥!友人の場合はどれくらい?

スポンサードリンク

若い人にとって、結婚式の御祝儀はかなり痛い出費

だと思います。

前もってわかっている分

予算を振り分ける事ができますが、

もし結婚式が同じ月に2件もあったら…

友だちの幸せは嬉しいのに

顔面は蒼白ですよね。

結婚式の御祝儀の相場って一体いくらぐらいなのでしょう。

ご祝儀の相場(友達の場合)

スポンサードリンク
20代OLさんの場合、かなりの頻度で

学生時代の友だちの結婚式にお呼ばれすると思います。

「自分には彼氏がいない!」

などという場合には、

御祝儀だけでも破産しそうな勢い

ではないでしょうか。

友だちの幸せは嬉しいのに、

「私には幸せが回ってこないのか!?」

なんて考えてもしまいますよね。

そんな時、他の人ってどのくらいご祝儀を包んでいるのか

不思議に感じませんか?

大体の場合、友だち同士で

「いくらにする?」

「今月ピンチだから2万じゃダメかな?」

なんて会話もするのではありませんか?

基本的に冠婚葬祭の時に包む金額には、

相場というものは存在しないのが本来の姿なのです。

基本は「相手への気持ち」ですからね。

ただ、現在の常識として

 

【気持ち=金額】

と捉えられている所が「ちょっと変では?」と感じます。

真面目なOLさんは、

「相場通りでなければ常識が無い」

と思われたくはないのでしょう。

友だちの結婚式の御祝儀相場は、

1位 3万円 

2位 2万円 

3位 1万円 

となっています。

相場は3万円が断トツで、90%以上を占めています。

これぐらいが無難・妥当と言った金額ではないでしょうか。

2万円でも問題は有りませんが、

偶数は割りきれるから縁起が良くない

という理由で偶数で包むのを毛嫌いする方もいます。

その場合、1万円札1枚と5千円札2枚という分け方をする

という方法もあります。

「友だちの御祝儀はいくらかな~」

なんて見る新郎新婦はいないと思いますけどね~。

ご祝儀の相場(それ以外の場合)

なんとか友だちの結婚式の御祝儀を納めてから、

「今度は身内の結婚式だ~」

なんて方もいるのではないでしょうか。

身内になると、意外と金額を見てしまうのも事実です。

「あのおじさんこんだけ!?」

「おばさんは思ってた以上に包んでくれた~」

と思って御祝儀を見ていた方も多いのでは?

20代OLさんが御祝儀を包む身内となると、

自分の兄弟姉妹、またはいとこなどの

親族に限定されるのではないでしょうか。

さすがに兄弟姉妹やいとこはあなたの御祝儀を

気にすることはないでしょう

自分より目上の兄姉やいとこの場合には、

大きい金額を包むと変に心配され、

「無理するなよ」

なんて言われてしまいます。

また、自分より下の弟妹やいとこに対して低い金額だと

「姉ちゃんケチだな~」

なんて思われてりもするかもしれません。

20代OLさんという立場は意外と微妙な感じなのでしょう。

一般的な兄弟姉妹や親族の結婚式の相場は

1位 5万円

2位 3万円 

3位 10万円

となっています。

正直、3位の10万円はほぼありえない金額だと思います。

やはりここは、相場通りの5万円が妥当な金額

と言ってもいいかもしれません。

でも、いくら兄弟姉妹でも、

20代OLさんにとって5万円はかなりの大金です。

まして、自分には彼氏もいないなんて事になったら

御祝儀を支払うだけですからね…

まとめ

 

結婚式の御祝儀の相場について紹介してきました。

意外と金額が違うと感じた方も多いのではないでしょうか?

相場が全て正しいという訳ではありません

友だちの結婚式の相場は3万円ですが、

仲間内は全て2万円と決めているグループもありますからね。

また親戚や兄弟姉妹の場合もしかりです。

兄姉には甘えて金額を抑えたり、

弟妹には見栄を張ってもいいと思います。

親族関係については、親と相談してもいいと思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする