一晩でにんにくの匂いを消す方法!翌日に残さないための対策とは!?

スポンサードリンク


にんにく料理はおいしいだけではなく、栄養満点!
仕事で疲れた時などに、パワーを回復するには、
にんにくはもってこいの食材です。

しかし、気になるのがあの独特な“臭い”ですよね…。

翌日も仕事や、人と会う予定があるときなどは、
口臭を気にして食べるのを、避けてしまいます。

そこで今回は、「臭いを気にせずにんにくを食べたい」
という願いを叶えるために、
“にんにくの臭いを消す方法”をご紹介します!

にんにくの口臭を消す効果があるのは何?


にんにくの臭いの原因は“アリシン”という硫黄化合物です。

“アリシン”は調理をする前のにんにくには存在しませんが、
刻んだり、傷をつけることで、作り出される化合物です。

このアリシンは、硫黄化合物なので硫黄臭さを持っています。

また、体内で分解される過程の中で、アンモニアや
ピルビン酸を発生し、この二つの成分も強い臭いを持ちます。

硫黄臭、アンモニア臭、ピルビン酸の臭い、これらが
合わさったものが、あのにんにく特有の“臭い”で、
その大元の原因となるのが“アリシン”なのです。

つまり、にんにくの臭いを防ぐためには、この
“アリシン”から発生する臭いを抑えれば良いということになります。

そこでここでは、アリシンの臭い発生予防に効果的な
食材をいくつか紹介していきます。

タンパク質を含む食材

タンパク質は、アリシンを包み込むように結びつき、
臭いのもとになる化学変化を止める働きがあります。

タンパク質を含む飲み物には“牛乳”があげられますが、
なかなかにんにく料理と牛乳を一緒にというのは
難しいですよね…(笑)

そんなときには、にんにく料理に“チーズ”を合わせることがおすすめ!

美味しく且つ臭いも気にせず食べることができます♪

カテキンを含む食材

カテキンにもアリシンと結合してにんにくの臭いを消す性質があります。

カテキンは、にんにくを食べて1時間以内の摂取が望ましいとされています。

カテキンを多く含む飲み物といえば“緑茶”です。

特に、コンビニエンスストア等でも市販されている
“濃いお茶”の方がより効果が高いと言われています。

また、“青汁”には緑茶の5~6倍ものカテキンが含まれています。

味が苦手でない方は、“青汁”で臭いを撃退しましょう!

ポリフェノールを含む食材

タンパク質、カテキンに並び、ポリフェノールにも消臭作用があります。

特に、“りんご”の皮にはポリフェノールだけでなく、
カテキンも含まれていますので、高い消臭作用が期待できます。

しかし、出先や飲食店ではなかなか生のリンゴ、それも皮つきを
摂取するのは難しいですよね。

そういう時は“チョコレート”を食べましょう。

チョコレートにもポリフェノールが含まれているので、効果が期待できます。


スポンサードリンク

時間を置いてしまったにんにくの口臭対策には汗をかくことが一番!


にんにくの臭いは時間を置いてしまうと、その成分が吸収され、
全身に回ってしまいます。

そうなってしまった場合は、食べ物では臭いを消すことは難しいです。

そんな時にできる、消臭対策は、
水分をたっぷり摂取して、“汗をかく”ことです。

方法は入浴でも、サウナでも、運動でも構いません。

汗の中にニンニクの臭い成分が混ざって体外に排出されますので、
どんどん汗をかくようにしましょう。

にんにくを食べた翌朝にも、臭いが残ってしまった場合には、
水を大量に飲んだ後に、半身浴をするのがおすすめです。

一時間くらいのんびり浸かれば、かなりの効果が見込めます。

しっかりと対策すれば臭いは消せる!

以上が、にんにくの臭いを消す方法です。
簡単におさらいすると、にんにくの臭いを消すためには

1.消臭効果のある食材を一緒に摂取する。
2.水分をたっぷりとって半身浴や運動をして汗をかく。

これと合わせて、もちろん歯磨きやうがいはいつも以上に
丁寧に行うようにしましょう。

これさえ押さえていれば、完璧です♪

にんにくの臭いは、ほとんど気にならないくらいまで
消すことができますよ。

しっかりと対策をして、にんにく料理を思いきり楽しみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする