健康を意識してウォーキング!シューズの正しい選び方

スポンサードリンク

ダイエットや健康にいいとされるウォーキングですが、
本格的に始めるならシューズから買い揃えたいですよね。

でも、いろいろとあって
どれがいいのか悩んじゃいませんか?
ウォーキングシューズは意外と高いし、
「合わなかったから」と
すぐに買い替えるわけにもいかないでしょう。

そこで、ウォーキングシューズの選び方を
調べてみました。
<h2>人気やおススメではなく自分に合ったものを選ぶことが大切</h2>

スポンサードリンク

まず、ウォーキングシューズを買った方がいい理由から
お話しますね。

ウォーキングシューズは、
普通の靴と違い歩くことを計算して作られています。
ウォーキングをする場合、
1時間から2時間ぐらい歩きますよね。なので、
長く歩いても足に負荷がかかりにくく、疲れにくい作り
となっています。

だから、ウォーキングを始めるなら
専用のシューズを買った方がいいのです。

ところで、シューズを買うとき
周りの評判や人気のあるデザインなのか
気にしたりしませんか?
でも、周りの評判がいくら良くても
足の形は人それぞれなので自分に合うとは限りません。

自分に合わないシューズを履いていると、
足が痛くなったり靴ずれを起こしてしまいます。
疲れにくいように作られているはずなのに、
「足が疲れちゃう…」
なんてこともあるでしょう。

私はウォーキングシューズを
買ったことはありませんが、
毎回シューズ選びには悩まされています。
いいかなと思っても、
実際に履いて歩いていると
靴ずれを起こすんですよね。
なので、シューズ選びはとても大事だと思います。
<h2>実際に試着して履き心地を試してみよう</h2>

今は、通販でもウォーキングシューズを売っているので
時間がない人は通販で買おうと考えますよね。
しかし、先ほども述べたように
足の形は人それぞれなので
通販で買ったシューズが自分に合うかは
届いてみないと分かりません。
もしかしたら合わない可能性もあります。

通販などで買おうとは思わず、
実店舗に行きましょう。
いろんなシューズを試着して、
自分に合うものを探してください。

試着をするときは、
ウォーキングをするときに履く靴下を
履いていきましょう。
靴下?と思うかもしれませんが、
靴下の厚みはそれぞれ違う場合があります。
試着をしたときはちょうど良かったのに、
当日になったらガバガバなんてこともありえるんですよ。

試着する際、チェックした方がいいポイントも
教えますね。
靴ひもを緩め、履いたらまたしっかりと靴ひもを結んでください。
店内をグルグル歩く必要はありませんが、
ちょっと歩いてみながらチェックをしてくださいね。

・つま先に1cmくらいの余裕はありますか?
・歩いたときにかかとが擦れませんか?
・つま先を地面につけたとき、
かかとはちゃんと上がっていますか?
・歩いたときにくるぶしは擦れませんか?
・足首を自由に動かせますか?
・歩いたときに違和感はありませんか?

一つでも「ダメだ」と思ったら
他のシューズを試着しましょう。
1か所のお店で決めようと考えずに、
いくつもの店舗をまわって
納得できるシューズを探すのもいいと思いますよ。
お店を選ぶ際、靴の専門家が居るお店を探せば
いろいろとアドバイスを貰えます。
足と靴と健康協議会のホームページで、
シューフィッター検索から
靴の専門家がいるお店を探せますよ。

足と靴と健康協議会のホームページ→http://fha.gr.jp/
<h2>まとめ</h2>
ウォーキングシューズの選び方について、
まとめてみましたが参考になりましたか?

私は、周りの目が気になってしまうので
試着も簡単に済ませてしまうんですが…。
周りの目は気にする必要はありませんので、
納得のいくまで試着を繰り返して
自分にぴったりと合った一足を見つけてくださいね。

自分に合ったシューズでウォーキングをすれば、
とても快適に歩くことが出来ます。
ますますウォーキングが好きになるかも知れませんよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする