トランペットは初心者でもできる?音を出すための練習方法とコツを教えます!

スポンサードリンク

こんにちは。みなさんは、何か楽器をやったことはありますか?

私は小さい頃からピアノを習っていて、
高校の吹奏楽部に入ってからはファゴットを続けています。

ちょっとだけオーボエもやってみたり。

吹奏楽部に入る時に、楽器体験として色んな楽器に挑戦したんですけど、
オーボエやファゴットしか音がしっかり出るのが無かったんです。

中でも全く歯が立たなかったのが、

金管楽器

当時は初歩の初歩の段階でつまずいていて、
「こりゃもう金管は無理だわ」
って思ったのを覚えてます(笑)

なので、私自身は金管楽器の吹き方はほとんど分かりません。
もちろんトランペットも。

ただ、吹奏楽をやっていると、
現役で吹いてる人や以前吹いてた人って周りに結構いるもので、花形トランペットとなれば、尚更。

そういった周囲の(「元」も含む)トランペッターから、
練習方法を聞いてみたので、それをまとめていきたいと思います!

まったくの初心者がトランペットを演奏するための最初の音の出し方は?

スポンサードリンク

すぐに楽器で音を出すわけではありません!
私も楽器体験の時にやったんですけど、

Ⅰまず、人差し指と中指をこんな感じで唇に押し当てます。

そして、口を開けたりせずにこのままの状態で、「ヴー」と音を出します。

Ⅱその感覚に慣れてきたら、指を置いていたところに今度はマウスピースを押し当てます。
さっき「ヴー」って鳴らしたのと同じ感覚で、音を出します。慣れればⅠは飛ばしても大丈夫です。
マウスピースで音が出ない場合は、以下の2つに気をつけてみましょう。

唇が振動しているかどうか

→金管楽器は唇の振動によって音を出します。
唇を少し突き出して「ブルルルルル」と言ってみましょう。
馬がするみたいな感じで。
ある程度長く言えるようになったら、マウスピースの練習に戻ってみましょう。

上唇を特に柔らかく、下唇は支えるだけ

→唇全体を振動させればいいというわけではなく、下唇ではマウスピースを支えて、上唇で鳴らす意識が必要なんだそうです。

トランペットで音を出すための練習はこんな方法がおすすめ!


マウスピースで音が出るようになったら、
マウスピースを楽器に付けて、実際にトランペットの音を出してみましょう。

この時、お腹に力を入れて、お腹から息を楽器に通していく意識を持ちましょう。

腹式呼吸を意識するというのは吹奏楽器全体に言えることですね。

うまく音が出ないなと思ったら、再度ⅠやⅡに戻ってみましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
金管楽器って、初めて音を出す時に気を遣うことが多いんですよね。

ただ、最初はみんな初心者だから、できないのは当たり前です。

こういった記事でもいいですし、周りの人からコツを収集したりして、
焦らず着実に練習すれば、必ずできるようになります!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする