母の日の花はカーネーション以外の種類でもいいの?おすすめの花の種類!

スポンサードリンク

5月第2週の日曜日は「母の日」です。なので、2017年は5月14日が母の日ですね!

みなさんは毎年どんなものを贈っていますか?

毎年カーネーションでいいのかと悩みながら、
時間がないからとそのまま贈っている人も多いかと思います。

同じカーネーションでも花の色で意味が違ってくるので、
カーネーションを贈るにしても、違う花を贈るにしても、
意味を意識しながら贈ると良いかもしれませんね!

母の日の定番の花といえばカーネーション!色にも意味があった!

スポンサードリンク

母の日といえばやっぱりカーネーションが1番初めに浮かんでくると思います。

カーネーションの全色共通の花の言葉は「無垢な愛情」です。

次は色別に見ていきましょう。

【赤色のカーネーション】

「母の愛」「母への愛」なので、
母の日には1番ぴったりの花言葉かと思います。
なので人気なんですね!

【ピンク色のカーネーション】

「感謝の心」「あたたかい心」「気品・美しい仕草」です。
母の日は母親に感謝を伝える日でもあるので
こちらも母の日に贈るにはぴったりだと思います。

【黄色のカーネーション】

「軽蔑」「嫉妬」「友情」です。

黄色は一見元気いっぱいになる明るい色ですが
花言葉から考えると母の日に贈るのには適していないので、
出来れば避けた方が良いかと思います。

【オレンジ色のカーネーション】

「熱烈な愛」「清らかな慕情」です。
どちらかというと恋愛に関する花言葉に感じますね!

黄色のカーネーションとは違って前向きな花言葉なので
贈ることには特に問題はないかと思います。

【紫色のカーネーション】

「気品」「誇り」です。

定番色ではないので、母の日がマンネリ化している時には良いでしょう。

【白色のカーネーション】

「尊敬」「亡き母を偲ぶ」「私の愛は生きている」です。
亡くなった母親に贈るのに適しているので、
存命の方であれば避けた方が良いかと思います。

【青色のカーネーション】

「永遠の幸福」です。

こちらも母の日に贈るのには良い花言葉ですね!
脱マンネリにもぴったりかと思います。

お母さんに明るい気持ちになってほしい、
元気を出してほしいっていうときは明るい色を見て癒されてほしいですよね?

そういった時、花言葉の意味から考えると黄色のカーネーションのネガティブな意味よりは、
オレンジ色のカーネーションのちょっと恋愛向きの花言葉に感じてしまうが、
ポジティブな意味を持つ方が良いかもしれません。

私はピンク色が大好きなので、赤いカーネーションと
ピンク色のカーネーションを毎年交互に贈っています。

カーネーション色別の花言葉は上記に記載した通りです。

花言葉の意味を考えながらご自身のお母様のイメージにあったものを選んでください。

カーネーション以外で母の日におすすめの花はこれ!


また、花言葉の意味から他の花を選んでみるのも良いと思います。

【赤色のバラ】

「愛」「美」

【ピンク色のバラ】

「感謝」「しとやか」

【白色のバラ】

「尊敬」なので、
こちらも母の日に贈るのに適しています。

【スイートピー】

「優しい思い出」「門出」なので、今年社会人になる人や、
実家を出る人、結婚する人などが感謝の意を込めて
母の日に贈るのに適していると思います。

【チューリップ】

「博愛」、「思いやり」です。

見た目も可愛いのでチューリップが好きな
お母様であればこちらもおすすめです。

【胡蝶蘭】

「幸福が飛んでくる」なので、
幸せを願って贈るギフトにはとてもぴったりです!

【かすみ草】

「感謝」「幸福」です。

花束などの脇役のイメージですが、
花言葉は母の日に適してます!

かすみ草と組み合わせて花束を作るのも良い考えですよね!

【あじさい】

「元気な女性」「家族団らん」です。

梅雨の時期の花のイメージですが、
最近は母の日に鉢植えで贈られている方も多くなってきてるようです!

まとめ

色々な花言葉を調べて、その時のお母様との関係性やお母様への思いをあてはめて、
ご自身の思いを伝えるためのアレンジメントを贈るのも素敵ですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする